武装紳士

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

武装紳士(ぶそうしんし)とは、KNの方針にのっとり、神姫」(ギガンティックを用いた紳士的な決闘にて戦争を回避するという方針に従う紳士たちのことである。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「武装紳士」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

武装紳士達は主にネットのカオスの部分に生息し、自分が所有する娘たちの勝った負けたに一喜一憂しつつ、時に罵詈雑言を飛び交わせ合いつつ、時に叱咤激励し合い、情報を提供し合い、そして娘たちに愛情を注ぎつつ、弛まぬ努力によりこの熾烈なレースを勝ち上がっていこうとしている。

熾烈なバトルを繰り広げたら、誰に向けてかは謎のままでも「よくやったな」と賞賛の言葉を惜しまず、でも嘘の情報を流す非紳士的な存在に対しては一丸となって制裁を加える姿に、一見なれ合い排他的な集団と思えてしまう所もあるが、彼らは紳士なのでこちらも紳士的な態度で接すれば、すぐにその秘密の宴に参加させてもらえるようになる。

生態[編集]

武装紳士の生息地は上で述べた通りだが、次のようなスタイルに分かれると見られる。

造形原理主義派
フィギュアの美しさに惹かれたどり着いた紳士。神姫はもともと造形を楽しむものであるとし、決闘は二の次であると考える。自分の娘たちが傷つけられることを極端に嫌う紳士もいる。
武闘派
命を削り合ってこそ美しいと考える紳士。造形よりも決闘時の実用性を重視したりするあまり、見た目では決して美しいと思えない装備であっても、「これって戦闘なのよね」というどこかで聞いたことがあるような、ほんのちょっと違うような台詞を吐きつつ装備させるというサディスト。
きれいなお姉さんは好きですか派
フィギュア好きという程でもないが、それでも無骨な戦闘マシーンとして娘を育てるのは心が痛いと考える紳士。冥土服や中華服などを纏わせ、見る者を華やかな気分にさせようとするエンターテイナー。
元々は武闘派であったが、一通り事が済んでしまったので……という経験豊富な紳士だったりもする。

関連事項[編集]

この項目「武装紳士」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)