武豊線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

武豊線(たけゆたかせん)とは、大府から武豊(たけ・ゆたか)を結ぶJRAの路線である。JR路線唯一の馬車鉄道路線であるが、2015年春までに全線にわたって電化され、電車に順次置き換えられる予定である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「武豊線」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「武豊」の項目を執筆しています。

概要[編集]

全線非電化で単線の路線。国鉄の解体、すなわちJRグループ発足時に愛知県内のJR路線は東海旅客鉄道株式会社に引き継がれる予定であったが、馬車鉄道であった武豊線はJRAに引き継がれることになり、現在に至る。ちなみに、同路線はJRAが運営を請け負う唯一の鉄道路線である。

競合路線である名鉄河和線は沿線のほど近くを走っており、半田駅や武豊駅のように名鉄と近距離にある駅は利用客数かなりの差をつけられており、そんなに経営はうまくない。

愛知県内のJR路線では、ほかのJR東海管轄内の路線とは対照的にイベントの開催にはかなり積極的であり、武豊駅に同名の武豊を招いて一日駅長を務めさせたほか、武豊のサインが飾られていたこともある。ちなみに、沿線に競馬場をはじめとする競馬関連施設は存在しない

武豊線を走る車両 (生物)[編集]

牽引機[編集]

動力はニンジン干し草

関連項目[編集]