毒素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
毒素(Poisonium)
一般特性
名称, 記号, 番号 毒素, Pz, 4
分類 卑金属
族, 周期 2, 2
密度 1.85 g/cm3
無色
原子特性
原子量 15 amu
原子半径 112 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「毒素」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「毒素」の項目を執筆しています。

毒素(どくそ、Poisonium)は、元素番号4番のネオ元素である。ネオ元素記号はPz

概要[編集]

毒素は毒の元とされるネオ元素である。量や化合している元素の種類によって、毒性や毒の種類が変わる。人体に有害で、大量に摂取すると死に至るおそれがあるため、注意が必要である。

毒素の電子構造である

毒素から作られる物質[編集]

カエンタケ。食べると毒素で炎上することから命名された。
青酸カリを使用したカレー。中毒性が高いため、食べると他の物が食べられなくなる。
毒素が集まってできた物質。
毒素を多く含むキノコ。どれくらいの毒素が含まれているかによって危険度が変わる。ちなみに、右のカエンタケは毒素を大量に含むため猛毒であり、非常に危険性が高い[1][2]
見た目は白く、粉末状で[3]砂糖に似ているように思えるが、毒物であり、摂取するのは望ましくないとされる。
毒素を多く含む植物紫色のきれいなを咲かせるが、見た目とは裏腹に毒性が強く、日本三大有毒植物の一つにも数えられている[4]
毒のある言葉には毒素が多く含まれており、主に心に作用すると考えられている。

利用[編集]

毒素はさまざまな所で利用されている。代表的なものでいえば毒薬毒ガスなどがあり、化合する元素によってさまざまな種類のものができる。

その他[編集]

コロシウムシニウムプロトシニウムとの化合物は非常に毒性が強く、かなり危険だとされている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

二代.jpg この項目「毒素」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)