水中花

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水中花」の項目を執筆しています。

水中花(すいちゅうか、Water Flour)とは、弾幕の一種である。

概要[編集]

ばら撒かれた水中花。ちょっと地味だがしっかり敵の行く手は遮っている。
弾幕ごっこの鑑賞会。

戦国時代海賊(伊予の村上水軍、志摩の九鬼水軍など)によって考案された武器で、水中に投じるとのように大きく開いて(主に官憲の追手)の進路を妨害したり、爆発によってを破壊[1]するなどの用途に用いられた。使う水軍や武将によってさまざまな色や形、ばら撒く時のフォーメーションなどが考え出され、大いに夜の[2]を賑わせたものであった。

現代[編集]

しかし、そんな華麗な水中花も航空技術の発達に伴ってあまり意味をなさなくなってしまい[3]、次第に廃れていったのであった。しかし「水中で開く花」という発想および技術は「面白いから」と民間に転用され、水中から発射される花火や、水の中でゆっくりと開花する様子を楽しめる造花(あるいはドライフラワー)として、みんなのを楽しませているのであった。

脚注[編集]

  1. ^ おそらく禁水性(水と反応して爆発する性質)の物質(例:カリウムなど)を使用したものと思われる。
  2. ^ 悪党が活躍するのは、主にであることは言うまでもない
  3. ^ それでも小型船舶に対する威力は健在である。

関連項目[編集]