永平寺

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「永平寺」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「曹洞宗」の項目を執筆しています。

永平寺(えいへいじ、Eiheiji-temple)とは、曹洞宗の総本山として知られる、福井県の寺である。

概要[編集]

長年の歴史の重みが偲ばれる名刹として、不毛の地である福井県が誇れる数少ない観光地でもある。周辺は杉林に囲まれており、花粉症の人は、季節によっては近寄る事さえ容易ではない。

「只管打坐(しかんたざ)」と呼ばれる、ひたすら座禅に励行することこそ悟りへの道と解釈する曹洞宗の戒律のため、境内では僧侶達が微動だにせず座禅に専念している。彼らはモーターショーのキャンペーンガールよりも更に微動だにしないため、マネキンではないかとも疑われている。彼らは雨が降ろうが槍が降ろうが黙々と座禅を続けており、荘厳さと不気味さを醸し出している。

歴史[編集]

1243年、波多野義重の援助を得た道元によって創建された。越前のような僻地に創建された理由は二つある。一つは、道元が旧仏教勢力から激しい迫害に遭っていたことである。道元は、旧来の仏教の戒律が、形式だけ複雑化して中身がスッカラカンであることを喝破し、座禅こそが悟りである、と提唱したため、ファビョった比叡山から執拗に追及され、中央から逃れざる終えなかったのである。鎌倉に本拠を構える構想もあったようだが、他修派との軋轢に対する懸念と、執権が「もう鎌倉には寺が建ちすぎて飽和状態だから建てないで」と請願したことと、もう一つの理由により、実現しなかった。そのもう一つの理由とは、道元の出生にある。通説では、道元は源通親の子であると言われていたが、実は彼は平家の嫡流の血を継ぐ者で、平維盛の子、平高清(六代)の隠し子であった。平家滅亡後、許されて出家した六代であったが、源頼朝死後勃発した覇権を巡る政争に巻き込まれて処刑された。道元にも危険が迫ったが、彼は北条氏によって庇護された。何故、北条氏が彼を庇護しようとしたのかは、判然としない。その後、道元は中国に渡り、功徳を積んで名僧となって帰国し、曹洞宗を開くに至る。既にこの頃には、源平合戦の余燼も払拭されていたものの、鎌倉で武士政権を統御する北条氏としては、平家の忘れ形見である道元を鎌倉に置く事に、一抹の不安を感じていた。かくして、道元は彼に深く帰依した波多野義重の招聘もあって、越前に赴いたのである。

越前という僻地に創建されたにも拘らず、道元の崇高な思想と曹洞宗の平明な戒律が人々を魅了し、信者は鰻登りに増大し、規模は拡大し大いに繁栄するところとなった。が、15世紀には隣国加賀に台頭してきた一向宗徒に焼き討ちにされるなどの被害を被った。さらに近年では、空飛ぶハンバーガー教団と呼ばれる謎の宗教が勢力を伸張させ、[1]恐らくその信者と思われる怪しげな連中によって伽藍にハンバーガーを投げつけられるなどの妨害活動を受けている。

命名の由来[編集]

なお、永平寺という名称は、「永久の平和」にあやかって付けられたものだ、などとデマが流布しているが、命名の本意は「平氏政権の永久持続」である。と書くと、平家の忘れ形見である道元が平氏の復権を意図していたのかと誤解されるかもしれないが、ここでいう平氏政権とは、北条氏のことである。知っての通り、北条氏は、伊豆を拠点とする平氏の一族であり、流謫の身となった頼朝の監視を委任され、頼朝が挙兵するとそれに呼応して平家打倒と源氏政権発足に尽力した、という経緯を持つ。また、道元にとっては、自身を庇護してくれた恩人でもあった。永平寺の名には、大恩ある北条氏の磐石の治世が続く事への道元の願いが込められている。