池の雨

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「池の雨」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

池の雨とは、超有名なドイツ民謡の合唱曲である。CMにも用いられていることで知られ、多くの人が一度は聞いたことがある曲である。

概要[編集]

池の雨はドイツ語題を「Ein Männlein steht im Walde」といい、元々ドイツ南西部に伝わるメロディーに19世紀になって歌詞がつけられたもの。作詞者はホフマン・フォン・ファラースレーベンといい、他にも「ぶんぶん」や「かっこう」の作詞も行なっている。日本では児童向けCMで度々この曲の一部が歌われることで高い知名度を手に入れた。

本来はそこそこの長さのある曲だが、テレビなどで全部が流されることは基本的に無い。そもそもCM以外で流れることがないため知名度はあるものの、タイトルは知られず、それを流している会社専用音楽だと思われている。

もっと詳しい情報[編集]

邦題は池の雨だが、ドイツ語詞では池や雨は出て来ず、「森の中で黒い傘や赤いマントを被ってる人は誰?」という謎を聞く歌詞になっている。勿論答えは変質者だ。赤いマントなんてリアルに森の中で被ってる人がいたら変質者に違いない。

音楽としては四分の二拍子、吹奏楽アレンジなども行われていている。CMでは子供による合唱のシーンが用いられているため、日本では合唱曲としてのイメージが強い。

これだけじゃ分からない人へ[編集]

ドレミファソーラファミ・レ・ド、
ソーファミソファミレ

ソーファミソファミレ

ドレミファソーラファミ・レ・ド

ヤマハ音楽教室、体験学習受付中。