油そば

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「油そば」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「油そば」の項目を執筆してくれています。

油そば(あぶら-)とは、ラーメンに似た麺料理の一種。非常にヘルシーな一品として、健康志向が強まった2000年代以降ブームとなっている。

歴史[編集]

油そばは忙しいサラリーマンにも愛されている。

油そばはラーメンの派生系ともされるが、両者が日本の食文化に取り入れられた時期は戦後のほぼ同時期[1]となっている。油そばの原型になったのは、1949年に中華人民共和国が成立した頃に広州地方で流行した汁無し麺「加油麺」だとみられている[要出典]。これは国が生まれ変わり政治も経済何もかも混乱するなかで、一般の人々が調理や配膳の容易い汁無し麺を食べて職務に励んだ[2]ことに由来するもので、油そばという名前もここから付いたとすれば自然なため、この説が支持されているものの実際には諸説ある。

日本では1952年に東京都武蔵野近辺の食堂[3]で共されたのが「油そば」の発祥であり、原価の高いスープがなく調理も簡単な為安価で提供出来たことから学生を中心に定着していった。現在人形浄瑠璃の大家として活動しているグレート義太夫氏も学生時代、亜細亜大学の先輩から「通過儀礼」として油そばを勧められたと語っている。一時期はその名前から油っ気が強いと誤解され人気を落としたものの、近年ではそのヘルシーさから再び中華料理店の人気メニューとして復権を果たしている。

特徴[編集]

担々麺冷やし中華と同じくスープの無い中華麺料理で、醤油ベースのタレを絡めてラー油で調味しながら食べる。スープが無い事からラーメンに比べて塩分やカロリーがかなり低く、また担々麺や台湾まぜそばのような肉味噌も使わない為動物性脂肪の量も少ない。そして温度が低い事に加え冷やし中華ほど酸味が強くないので、時間をかけず食べられるという点も忙しい現代人にマッチしている。店側にとっても原価率の高いスープを使わない上、オペレーションも少なくて済む為良心的なメニューと言える。

更に追加メニューとして、麺を食べ終えたご飯を投入し残ったタレと絡める「追い飯」もよく行われる。タレを無駄にせず、また古来より日本人の健康を支えてきた[4]白米を加えることで更なるヘルシーメニューとなるのである。常に健康を意識する現代の若者が、油そばを支持するのも納得と言えよう。

脚注[編集]

  1. ^ ラーメンの伝来は江戸時代とされているが、一般に普及し現在の形式になったのは第二次世界大戦の後である。
  2. ^ 加油は中国語で「頑張れ」の意。
  3. ^ これも諸説あり、どの店が「元祖」かは不明となっている。
  4. ^ 日本人の肥満が問題視されるようになったのは食生活の欧米化が原因であり、パン食中心の生活は日本人にとって不健康の源に成りうる。

関連項目[編集]

Dish.png この油そばは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)