沼田市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「沼田市」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「沼田町」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「沼田町 (広島県) 」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「沼田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「沼田市」の項目を執筆しています。

沼田市(ぬまたし)は、群馬県にある都市である。どういうわけか広島市内と北海道空知支庁に植民地を有している。

概要[編集]

群馬県北部の利根地区は広大な森林地帯であることから、沼田は古くから木材の集積地として栄えた。 利根川・片品川によって大規模な河岸段丘が形成され、その段丘面上に市街地があるので、崖を登らないと中心街に辿りつけないという、まさに天然の要塞というべき都市である。

関東地方生命線である利根川の上流に位置することから、関東北部の軍事的な重要地として「関東を制するには沼田をとらねばならぬ」と言われた。なので、戦国時代関東一円の制覇を目指した小田原北条氏は、当然沼田の獲得を目指して血眼になった。

まずは代々沼田を統治してきた沼田氏の内紛にかこつけて、北条氏が沼田を占領できたのだが、すぐに上杉謙信に沼田を奪われてしまった。それから20年弱が過ぎても沼田奪還の見通しが立たない北条氏だったが、謙信が便所で急死すると、待ってましたとばかりに北条氏は即座に出兵して、あっさりと沼田を占領。めでたしめでたしと思いきや、今度は真田昌幸に沼田を奪われる。北条氏は幾度も沼田奪還に出兵しても、少数の真田軍に撃退されて失敗。そこで北条氏は真田が仕えている豊臣秀吉と上手く外交交渉することで、沼田領の3分の2を真田から割譲させることに成功した。それで満足すればいいものを、北条氏は欲をかいて、残った沼田領の3分の1を武力で奪取してしまう。当然秀吉の怒りに触れて北条氏への討伐令が下り、その結果、北条氏は沼田の獲得どころか関東一円の全ての領地を失い、滅亡したのであった。

このように沼田は昔から関東の主要地であるにもかかわらず、上越新幹線上越線沼田駅に接続していないのは、恐るべき計画(後述)があったためといわれる。いずれにせよ、沼田市が余りにも軽んじられた、甚だ理不尽な事にかわりはないのだが…。

恐怖の沼田ダム計画[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「沼田ダム計画」の項目を執筆しています。

1947年、関東地方を襲ったカスリーン台風は、利根川水系に未曾有の大水害をもたらした。

これに焦った政府は、治水計画の大幅修正を迫られることになり、全国の主要河川を対象にダムの計画・建設が進められた。利根川水系の7箇所のダム計画の根幹施設となったのが「沼田ダム」である。

沼田沈没[編集]

この計画が成った場合、沼田市街地は高台の一部が半島状に残るのみで、低地は完全に水没する。水没予定地の中には、沼田市および利根郡の中核たる沼田市役所・沼田警察署・沼田消防署・沼田病院・沼田駅がある沼田市官庁街が含まれる。利根地区の経済は沼田市でもっているようなものなので、ダム建設によって沼田市のみならず利根郡全体が多大な損失を蒙ることになる。このため、沼田・利根地区の住民は「沼田ダム」計画に猛然と反発、「沼田市・利根郡を繁栄から零落へ引きずり落とす」と言って市街地をデモ行進してダム反対を訴えた。

混乱の波及[編集]

その一方で赤城榛名大開田計画の受益地となる渋川市前橋市からは、事も有ろうに沼田ダム建設賛成の動きがあり、県民の間では賛否両論が渦巻き、住民同士の対立が暴動にまで発展し、県内は騒乱状態に陥ってしまうことになる。これが今後の沼田市と渋川市の関係に禍根を残すことになる。

計画の終焉[編集]

反対運動に伴う群馬県内の混乱により、反対運動は世間の注目を浴び、日本社会党日本共産党の加勢もあって、反対運動は最高潮に達した。かくして、治水計画から「沼田ダム」は外され、赤城・榛名大開田計画は、水源を別のダムに求めたことで、県内の混乱は沈静化し、「沼田ダム」計画は目出度く封印されたのである。

関連項目[編集]

この項目「沼田市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)