出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

(どろ)は、人間などあらゆる生命の素材となる物質である。

概説[編集]

西欧文化圏においてはが泥から人間を作った、とされているように泥は人間のもとである。

日本でもその思考は存在しており、棒に泥をこねつけると泥棒という立派な人間になる。とはいえ泥棒は人間としてはあまり立派ではない。また若い女性が泥の中で組んずほぐれつする様を見ていると、ある程度の男性は人体の再生産を行なわなければならないという使命感に燃え上がることもあり、まごうこと無く泥は人間の素材である。

泥分の補給[編集]

生命の源である泥分は、摩擦や風化などによって日々人体から失われていく。そのためこまめな補給が必要とされている。

幼少期の人間は、砂場などにおいて「どろんこ遊び」と呼ばれる自発的な栄養補給活動を頻繁に行って、自らの成長を促進している。また、ある程度加齢の進んだ女性は泥パックなどを使い、日々のストレスなどによって減った泥分を補う姿がしばしば見られる。

地域によって、地中に存在している泥分の量に大きく開きがあるため、泥分の少ない都会地域で生活していた人間は老年になると、泥分を多く含んだ農村へと移住したがる現象(スローライフ)が見られる。また、移住までは行かなくとも、ガーデニングや公園に散歩しに行くなどしてしばしば泥分を手足から補給する姿も見られる。

関連項目[編集]

この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)