津山線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ希望が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
この記事にはもっと改善が必要です。 こちらのページと以下のコメントを参考に何とかしてください。
期限までに改善できないと削除されます。これを勝手に外すとブロックされる可能性があります。
貼付人:2400:2410:AAA1:1F00:9989:FE11:994B:99F3 2021年10月18日 (月) 11:26 (JST)から7日以内に内容をより良くしてください。
(別の人より)各節や各駅の紹介が一行程度という状況から脱却させてください。
誰かこの記事に救いの手を! 要約:全体的にユーモアや風刺が欠けている。推敲しよう。
  • 退屈なネタを使っている限り、いくら加筆しても面白い記事にはならない。
  • カービィは、1185年、壇ノ浦の戦いで殺された平家の武者の生首から誕生した」 のような支離滅裂な記述は一掃しよう
  • 秀逸な記事の単純な二番煎じや、仲間内でしか通用しない内輪ネタは歓迎されていない。
  • 何を書けばよいのか分からない時は、馬鹿にならずにバカバカしくやる方法を読んでみよう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「津山線」の項目を執筆しています。

津山線(つやません)とは、岡山津山を結ぶ単線の鉄道路線である。沿線にまともな町がないのに、この路線が廃線になっていないのは、津山市長がJR西日本山吹色のお菓子を渡しているからとも言われている。この路線はそこら辺にある田舎の謎路線であり、特筆性はないが誰も気にしない

概要[編集]

ICOCAも使えない単線の田舎路線である。昼間は誰も乗っていないので存在意義が疑われるが、朝と夕方は意外と人が乗っている。また、山陰以外から津山に訪れる人の大部分が使う路線である[1]。 すべての駅が目立たない&車両が旧型たらこ車両なのに何故か利用者数は多かったおかげでなんとか国鉄の廃止対象からは逃れた。だが、最近津山駅周辺がシャッター街だらけになったおかげで、お隣因美線は廃止対象レベルになり、因美線が終わったあとはいつこちらが廃止されるかと、津山市の人は連日ビクビクしながら過ごしている。

乗り心地[編集]

素晴らしいぐらいに山しか見えない。また、昼間の時間帯は必ずと言っていいほど座れる。社会の歯車としての役割に疲れたときは、有給休暇をとって乗車すると良い。ただし、列車はかなり揺れるので、酔いやすい人は注意したほうが良い。

主な駅[編集]

岡山駅
この路線で最も大きな駅である。ただ、岡山駅の他路線のダイヤは津山線からの乗り換えを全く考慮していない。吉備線とホームを共用していて、その気になれば直通もできるのだが、そんな列車を使うのは約0名しかおらず、今も今後も運転されることはないだろう。
法界院駅
岡山大学岡山理科大学の最寄り駅である。しかし、わざわざこの駅を使う学生はなかなかいない[要出典]。岡山発法界院行き超短距離の列車もあるが、その列車の走る昼頃には利用者は皆無で、空気輸送の状況を呈している。
牧山駅
何もないことが特徴。あるとしても旭川の向こうにひまわり畑があることぐらいである。因みに、一日あたりの平均乗者数は1人[要出典]
神奈川駅
駅のそばにはロータリーらしきものがあり、若干まともな駅である。福渡よりも乗車数が多い。
福渡駅
乗り場が3つある唯一の駅である。岡山駅の津山線の案内には「福渡、津山方面」、津山駅の津山線の案内には「福渡、岡山方面」とある割には、何もない。むしろ、金川方面でいい。
亀甲駅
駅舎が亀。目のところが時計になっていて、ちょっと気持ち悪い
津山駅
無駄に城下町の雰囲気を出したがっている終着駅。ロータリーに蒸気機関車が、近くに鉄道博物館がある。というか、この鉄博がなければ津山線の存続は危ういかもしれない。

快速ことぶき[編集]

岡山県内の快速では、唯一普通列車を追い越す。普通列車よりも20分早く片道を走破する。快速ことぶき停車駅の近隣の住民は、優越感に浸れる。ことぶきは平仮名である。

急行つやま[編集]

岡山市内から津山にある友人の家に遊びに行ったAさん。津山行きの列車に滑り込みセーフで乗車。しかし、これが間違いであった。しばらくすると車掌から「これ急行なんで急行料金払ってください。」と言われた。普通列車と思って乗った列車は急行「つやま」だったのだ。この急行、指定席は普通列車と遜色ないボックスシート。しかも快速列車の塗装と全く変わらないからパッと見で判別できない。でも、乗ってしまったものは仕方ないので急行料金を払い、この列車で津山まで行くことになった。
津山からの帰路、早く家に帰ろうと快速「ことぶき」に乗ることになったAさん。この列車が来て彼はあることに気づいた。「行きに乗ってた急行と同じ車両だ…」帰宅してすぐにこの列車について調べてみると、行きに乗った急行と帰りに乗った快速との差は1駅通過するかどうか、所要時間が数分しか変わらないということであった。Aさんだけでなく他数人も「ぼったくり急行」の被害に遭っていたことが判明。行政のメンツだけで成立していた列車ダイヤだったので、現在はこの「急いで行かない急行」は廃止されている。

注釈[編集]

  1. ^ 鉄道だけを利用する場合。

関連項目[編集]

Gomen.jpg この「津山線」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)