浜松・東三河フェニックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浜松・東三河フェニックス(はままつ・ひがしみかわ-)は、浜松県県庁所在地こと浜松市に本部を置く籠球親善会のことである。

フェニックスの意味[編集]

フェニックスとは、不死鳥を意味している。所属選手は全員不死鳥なはずだが、見た目は普通の人間と変わらない。
不死鳥は自ら炎の中に身を投げ焼き鳥として蘇るということで毎年数名の選手が炭火焼きレストランさわやかのげんこつハンバーグとして身を炎へ投じているようだが、浜松市民の胃袋へ流し込まれる為復活を遂げたという話は報告されてはいない

萎縮[編集]

ヘッドコーチの中村氏は、試合終了後のインタビューで何かと試合にケチをつける。これはブースターにとっては面白いものだが、選手たちは完全に萎縮してしまっている。このせいで、試合後の練習での選手たちは生姜くせー並みに下手糞になる。これはかなりの問題である。

中村語録[編集]

バスケットボール情報サイトの、bjtyでは中村語録という動画コーナーがある。まじめな発言ばかりなのでバスケ狂以外には面白みのない話になってしまう。URL貼るの面倒くさいから見たいなら自分で検索しよう。

所属選手[編集]

No.1 リマー・ウィルソン
クイックネスを武器とする外国人ポイントガード。昨季所属していたガーデナーの後釜みたいな存在である。
No.2 ジャメイン・グリーン
安値世界一、じゃなかった。高さNo.1を夢見るガード/フォワード。センターになってから言え。
No.3 大口真洋
ミスターフェニックス。ってことはこいつ不死鳥なのか!?外角のシュートが得意で技術が卓越している。
猿に似ていることとすばしっこいことで付いたあだ名が「猿飛」である。
No.7 太田和利
サウスポー。インサイドでもプレー出来るガード/フォワード。
No.8 太田敦也
柔のセンター。日本代表にも選ばれたことがありファンも多い。フェニックスがbjに加入してしまったため日本代表に選ばれない。協会は何考えてんだ。
No.11 岡田慎吾
運動能力が非常に高い選手。チームの中心選手。あ、でもダンクはできないよ。
No.12 ジャーフロー・ラーカイ
外国人選手。センタータイプの選手の中では大きい部類に入らない。
No.14 ウェンデル・ホワイト
外角シュートとドライブを武器とする2枚エースの1人。ダンクはできます。
No.22 藤田弘輝
フリースローを外さない選手。ハーフ。通訳。
No.31 鹿毛誠一郎
最年長。コート以外でみんなを引っ張る男の中の男。
No.33 ウィリアム・ナイト
外角シュートとフリースローが得意な選手。UCLA卒でNBAに行くつもりだったけどここの住民の熱い要望に応え、フェニックスに入団。不死鳥と化した。
No.34 ウェイン・アーノルド
アメリカ出身。どこからともなく現れた謎の男。でも強い。
No.65 伊藤拓朗
ラストサムライ。つまり戦国時代から生き延びている最後の人間。
No.83 ダンカー
これぞ、我らがフェニックスの誇る不死鳥のダンカー。もちろん選手であるがダンクしかできない。しかし、ダンクに関しては最強で3Pライン後方からジャンプしてリングにボールをぶち込める。桜木花道より凄いじゃねぇか。羽を使って飛んでいるという噂もある。外見が不死鳥なのはこいつだけ。

スタッフ[編集]

ヘッドコーチ
中村和雄
楽天の監督だったノムさんのようにぼやきをすることがある。一応述べておこう。この方は名監督だぞ。
それ以外にもコーチがいるが、まぁ…うん 。
ファイヤーガールズ
フェニックス公認のチアガールたち。

プレースタイル[編集]

点を取りまくるのがフェニックスのスタイルである。しかし、今季はあまりにも100点ゲームが少ないため、苦情が来てるとか来てないとか。今年加入したホワイトとナイトが中心となって点を取っている。ガーデナーや森損を逃がさなかったらこんな目には遭わなかったんだよ。

経歴[編集]

  • 1965年 フェニックスの偉大なる歴史が始まる。
  • 1985年 雑魚リーグに参加。
  • 1994年 なんやかんやで2部に昇格。
  • 2002年 スーパーリーグに参戦したが結果は出せていない気がする。
  • 2007年 JBLに参戦して夢のような糞のような物足りないような充実したような。
  • 2008年 bjリーグに参加。
  • 2009年 選手をたくさん入れ替えた。でも入れ替え過ぎではとは言わせねーよ

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「浜松・東三河フェニックス」の項目を執筆しています。
この項目「浜松・東三河フェニックス」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)