浴衣

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひよこ陛下
Notアダルトな記事
この記事は多少えっちだけどYahoo!きっずキッズgooでも見れる記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。
これでエロいとかってんなら、ピーター・グリルと賢者の時間を規制してみやがってください。お願いしましたよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「浴衣」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「浴衣」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「浴衣」の記事を執筆しています。

浴衣(ゆかた)とは、和服の一種であり肌着に近いものである。

概要[編集]

俗に「和服は下着を着けない」と言われるが、これは誤りである。実際には和服の下には長襦袢を着たり腰巻を穿いたりするが、これは西洋的な肌に密着するものではない為にこういった俗説が流布されたと思われる。浴衣もそういった和式肌着の類型であり、元を遡れば平安時代風呂文化が発展した際に産まれた「湯帷子」(ゆかたびら)に辿り着くとされる。これは当時蒸し風呂が主流であった為、火傷防止や肌を隠す目的で[1]入浴時に着用するものだった。その後湯浴が一般化すると、湯文字やを経て裸で入浴するのが普通になり、上がってから汗取り用の薄い着物を着るスタイルが普及していった。

最初の内は汗が引いたら着替えるものだったが、風呂上がりはもう後が寝るだけという事で浴衣で夜を過ごすというのも江戸時代以降は珍しくなくなっていった。特に電気照明が一般化する以前は、行灯や蝋燭を灯しても夜間の行動は難しく、着替える手間を省いて早く寝てしまうのはエコ[2]な事でもあったと思われる。

こんな感じ

浴衣と性の文化[編集]

浴衣は基本的に肌着扱いで、湯屋からの帰り以外に表へは着ていけない筈[3]だが、夏の一時期だけは伝統的に浴衣での外出が許されている。所謂夏祭りの時期である。夏祭りというのは日本において古くから「性」と密接に結び付いており、例えば夏祭りの定番盆踊りは顔を隠して躍りつつ「相手」を探して暗がりでセックスするという乱交パーティーとしての側面を持っていた[4]。また生き物が活気付く夏の夜は、性欲を喚起して余りある蠱惑的な顔を見せる時間でもある。生地の都合で熱を孕み火照った肌は、そんな空気を存分に引き立ててくれる。

肌に直接着る上脱ぎやすくまた着直しやすい[5]浴衣は、そういった目的での使用には打ってつけであり、現代でも浴衣姿で夏祭りに繰り出す男女は非常に多い。また浴衣は着物ほどではないが少々動きにくいしすぐ前がはだけるので、いつもはガサツな今時女子もそれなりに[6]おしとやかに見えムラムラを加速させるという効果もある。

脚注[編集]

  1. ^ 特に公家の場合、たとえ侍従相手であっても他人に肌を見せるのははしたない行為とされていた。
  2. ^ エコロジーエコノミー両面。
  3. ^ 欧米のスーツ文化圏におけるシャツも分類上は肌着であり、上っ張りを脱いでシャツ一枚になるのはかなり色っぽい状況である[要出典]
  4. ^ 盆踊り時期には、乱交用の建屋「雑魚寝堂」も立てられるのが常だった。
  5. ^ 普通の着物は格段に面倒で、毎年成人式後のラブホテルでは「脱がせ方も着せ方もわからない」と嘆く童貞が着付け業者にSOSを出している。
  6. ^ あくまでもそれなりに

関連項目[編集]


この項目「浴衣」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)