消費者

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「消費者」の項目を執筆しています。

消費者(しょうひしゃ)とは、主に東アジアの国の伝承に登場する、架空の生物である。

消費者の概要[編集]

消費者は、「日本」や「中国」「韓国」「モンゴル」など、東アジアの国の複数の伝承に登場する。その特徴は伝承が語られる国によっても異なるが、巨大で、手足と顔を持ち、の姿に似ているという点で一致している。日本の伝承を記した最古の書物である「誰でも日本丸わかり大辞典」にも登場しており、「“何もしていないのに壊れた”などの文句を口にし、無理矢理返金を要求した。消費者は人にあらず、げに恐ろしき怪物なり」との記載が見られる。

消費者の対処法[編集]

消費者はそのキャッチーな存在から、日本では、しばしば児童書の怪談にアレンジされてもいる。最も有名なのは昭和40代に出版された「本当にあったかどうか分からない日本のこわ〜い話 第11集」に掲載された「恐怖の消費者でござる」というストーリーである。「恐怖の消費者でござる」において、「下校中に消費者を見かけたら、“ポマード”と3回唱えることで危険を回避できる」という対処法が紹介された。

これも関係してか、昭和42年の国内のポマードの売り上げは出荷数ベースで2億2000万個と歴代1位を記録し、未だにその記録は破られていない。この際の記録を当時の人口に照らし合わせれば、国民全員が2個のポマードを購入したことになる。

消費者の名言[編集]

前述の通り、消費者は架空の存在とされているが、複数の国や地域で目撃情報がある。以下は、消費者が言ったとされる言葉の一部や、象徴的なエピソードを関連書物から抜粋したものである。

「スープが服にはねてシミが出来た。この服は高級品だ。お前が弁償してくれるのか」ーーー消費者の世界(レイモンド・D・ハルオ)

「何もしていないのに壊れた。彼らは、このフレーズをよく使うのです。ボロボロになった電化製品を持参し、強引に返金を要求します」ーーー消費者に出会ったらまず読む本(消山費次郎)

「お前じゃ話にならん。上のモンを出せ、上のモンを!」ーーー新説 消費者(明 喋蝶)

関連項目[編集]


Nodasori.jpg この項目「消費者」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)