深紫伝説

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「深紫伝説」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

深紫伝説(ふかむらさきでんせつ)とは、かつての王様が書き記したとされる文書である。

概要[編集]

この文書は八つの節に分かれており、それぞれがまったく異なる文章となっている。しかしそのどれもが常人の理解を越える内容であり、朗読CDが日本で販売された際はそのあまりの難解さが好事家の目を引きオリコンチャートにて上位を獲得している。また同じ王様が記した文書として「鉛の飛行船伝説」や「村人伝説」などが発見されており、現在もその解読が進められている。

なお深紫伝説が日本に持ち込まれたのは1995年の事であり、その内容がラジオ等で流布されるとたちまち人々の耳目を惹き付けて大きな話題となったが次第に忘れられ、再び歴史の奥へと埋もれていった。

各節の解釈[編集]

それぞれの解釈はあくまで暫定的なものであり、真偽に関しては保証することが出来ない。

高速道の星[編集]

自分の車(移動手段だと思われるが、現在の自動車との関連は不明)が如何に速いか、という事を訴えるという内容になっている。節の後半では「大丈夫、抱いてやる」など王者の貫禄を示すかのような記述もあり、王権における「格」の必要さを記したものではないかと解釈されている。

速き王[編集]

第一節に近いイメージだが、こちらは王自身の素早い行動を謳ったものだと思われる。享楽に更けるかのような記述の後に「を食え」「豆を摘まめ」と施しを伺わせるような言葉を入れており、王自身が素早い行動で民草を救うという理想的な姿を織り込んでいる。

燃える[編集]

一転して悲劇的な節。焔に包まれた街と女の嘆きを交互に記し、最後に「何もかも燃えてしまえ」という自暴自棄な女の叫びで締めている。八節の中では最も短いが、避けがたい悲劇のイメージを強く留めている。

湖上の煙[編集]

カナダモントレーのジュネーブ湖で起きたとされる出来事の節(地名が現代のものと同じなのかはやはり不明である。)。フランクとマザーズ(どちらも素性が伝わっておらず詳細は不明)が共に作業していた所に突如暴漢が乱入して暴れだし、破壊活動の末湖上に煙が立ち込めた…となっている。闖入者の存在が安全保障を脅かすという「今そこにある危機」への警鐘である。

トーキョー出身の彼女[編集]

日本で言う「東京」ではないが、トーキョーと呼ばれる遥か彼方の都市から来た女性の美しさを歌った節。皆を笑顔にし新しい伝統をもたらす彼女の存在を皆が喜ぶという、上の節とは逆に「マレビト信仰」的な「渡来人の美しさ」を示す節である。

奇妙な女[編集]

上の節との関係は不明だが、とにかく「変わった女」の節。独占したいと願ってしまうが、彼女自身が「誰にも独占されない」と宣言してしまう。王が利益を独占することが謂わば、国難に当たるという事を警告している。

黒い夜[編集]

灯りを失った、闇夜を謳った節。押し付けられる暗い闇夜を認めず、灯りを求める「自由」を保証している。最後には「黒い夜は私がいなくなってから訪れる」=王が王で有る限りは民草の自由を護る、という王権論の節だと思われる。

宇宙の車乗り[編集]

いつか人類が星空へと旅立つ未来を願った節。金星火星を旅し天の川を渡り、風の神とも戯れる。果てしない未来の素晴らしさ、人類の永劫を称えてこの文書を締め括る一節である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「王様」の項目を執筆しています。