清掃

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清掃」の項目を執筆しています。

清掃とは、仏教における行(修行)の一種である。人間的な欲望から解放され、この世に存在する目に見えるもの(物質)から目に見えないもの(精神)までのあらゆるものを清く正しい方向に導いていくという行いのことである。掃除と呼ばれることもある。

概要[編集]

欲を捨て不要な物を除き、煩悩を捨て雑念を消し去り、精神を解き放つための行(修行)である。一般的に掃除として行われるゴミなどを取り除き空間を清潔に保つ行為から、僧の道を志す者が行う座禅や沐浴などの自身の心身を清める行為までの全ての行為を指す。

思想[編集]

あらゆる仏教に通ずることだが、「行」とは基本的に悟りを開くということを目的として行われる。仏教の開祖である釈迦は初め、多くの哲学や宗教を学び、あらゆる苦行に専念したが悟りを得ることができなかった。そこで尼連禅河(にぜんれんが)で沐浴(もくよく)し身を清めたところ、雑念が消え去り、三明が顕れ、悟りを開くことができたとされている。このため仏教では己のと己の周りを清めてこそ真なる無我の境地に達することができるとされており、あらゆる行の中でも清掃は最も重要なものとされている。

物質的な清掃[編集]

主にほこりやゴミなどの不要物を取り除き、衛生的な環境を作り出すための行いである。清潔な環境を作り出すことで後述の精神的な清掃にもつながっていくこととなる。日本では教育の一環としてほとんどの学校で物質的な清掃の時間が設けられている。これは日本人のほとんどが仏教徒であり、多くの保護者が自分の子に仏のような清く正しい心を持ってもらうため、教育機関にて清掃の時間を設けるべきであるという考え方が主流なためである。地域によっては町内会で当番制の清掃活動を行ったり、子供会の有志を募って公園等公共施設の清掃活動を行うこともある。元々欧米から入ってきた文化である「ボーイスカウト」でも、日本独自の活動としてボランティアの清掃活動を行うものが増えている。

また、自らの身を清めることも物資的な清掃としては重要である。幸い日本には風呂という文化があり、体の汚れは簡単に流してしまうことができる。熱い湯にゆっくりと浸かって雑念を捨て、リラックスすれば後述の精神的な清掃にも繋がる。しかしその風呂が混浴であったり吉原あたりにある風呂だったりした場合には逆に煩悩にまみれてしまう危険もあるので注意が必要である。

精神的な清掃[編集]

身体を清めた後、精神、即ち心を清めるために行われる。僧が行う禅や滝行などの荒行などが思い浮かぶところだが、精神的な清掃はそんなに大層なことばかりではない。身近な一歩を踏み出すことでも十分に精神を清める清掃となりうるのだ。

例として挙げるならば

  • 黙想をしながら昨日やり残したことなどを自己確認し、反省する。
  • イライラしてきた時に、大きく深呼吸をして心を落ち着ける。
  • 失恋をした時に散髪をする。
  • 何時間もかけて集めたアーン♥♥zipファイルを削除する。

のようなことである。

関連項目[編集]