片町線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片町線(かたまちせん)とは、JR西日本の路線である。しかし、その名前はあまり知られていない。別に影は薄くないのだが…

概要 [編集]

路線名の由来は終点の片町駅である。が、その片町駅は既に廃止されており、詐欺路線となっている。にも関わらずJR西日本は学研都市線という学園都市線[1]とわかりにくい愛称をつけるにとどまり、路線名の改称はサボっている。そのせいで愛称アンチJR東海[2]の運賃表には片町線と書かれてしまっており、実にわかりにくい。

沿線概要 [編集]

ここでは、終点の京橋側から説明する。

京橋駅を出ると、JR阪急新幹線京阪と並走しているさらに南を通って京都方面に向かう。と見せかけて、津田駅付近から進路を180度変えて近鉄京都線にへばりつきながら奈良方面に向かう。この区間では片町線と奈良線が近鉄京都線を挟んでおり相当対抗意識があると思われるが、複線で特急の走る近鉄京都線を単線の鈍行路線2本に挟んでも無力である。こうして近鉄に無駄な抵抗をしながら奈良に向かうわけであるが、よく考えればここまで大阪府京都府を通ってきたわけであり本物の京阪奈線[3]である。と見せかけて(2回目)、奈良の直前の木津駅で終点となってしまう。詐欺路線の極みである。

運行形態 [編集]

ほぼ全列車がJR東西線に直通する。種別は3種類あり、それぞれ普通区間快速快速であるが、実態としては普通、快速、通勤快速である。また、尼崎駅から先の区間では普通は東海道本線直通、区間快速、快速が福知山線直通がメインであるが、よく考えればこれはおかしい。何がかというと、需要の多い東海道本線に各駅停車を入れ、需要の少ない福知山線に優等列車を乗り入れさせていることである。これでは優等列車に乗りたい大半の人が乗り換えるはめにあい、それどころかただでさえ普段から着席戦争の激しい東海道線ユーザーが、直通先でも座れないという屈辱を味わうことになってしまう。

また、途中の同志社前駅から木津駅までは平日朝を除き本数が半減する[4]。これは明らかに奈良県民に対する「お前らは同志社大学なんか行かねえだろ」というJR西日本の固定観念だと言えよう[5]

脚注 [編集]

  1. ^ JR北海道札沼線のこと。こちらも詐欺路線である。
  2. ^ そのアンチっぷりは、宇都宮線方面の上野東京ライン東海道本線東北本線直通と案内するほどである。
  3. ^ 順番が違う気がするが気のせいである。
  4. ^ 帰宅ラッシュでも半分である。
  5. ^ 兵庫県からの直通列車の存在や、奈良県の人口については気にしてはいけない。

関連項目 [編集]

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「片町線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)