物価

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「物価」の項目を執筆しています。

物価(ぶっか)とは、物品の持っている「本来の」価値のことである。何に対しての価値かというと、当然ながら通貨に対してである。わざわざ「本来の」と書いたが、それは、例えばメーカー希望小売価格はここでいう物価ではないからである。

物価の変動則[編集]

物価は需要と供給により変動し、一般的には需要が多いほど価格が上がり、少ないほど下がる。また、供給が多いほど価格が下がり、少ないほど上がるといわれている。リアル商品はこの説明で成り立つと思っていいが、デジタル情報を扱った商品に関しては、Winnyを初めとする違法ファイル交換ツールで供給が限りなく大きくなると思っていい。つまり、デジタル商品の価格は全て0であると考えられる。

物価の主な調べ方[編集]

  • 食料品(加工食品でないもの)
簡単である。八百屋に逝ってある商品(例えばキャベツ)の価格をチェックすればいい。併せて重量を調べてグラム当たりの価格を算出するのもいいが、購入もせずそればかりすると店員にマークされるので要注意。
  • 加工食品
簡単である。加工食品の場合は大抵価格が固定されているので、内容量をチェックすればいい。その際量りを持っていくことになるが、あまり怪しい行動すると「瓜田で靴ひもを正すな」により、店員にマークされるので要注意。(頭の固い人たちうまい棒が時期によって予告無く長さを変えてるというけどホントかなぁ。だれか確認してよ。)
簡単である。ある商品について、ヤフオクなんかの過去ログを見て、平均取引価格を計算すればいい。時期による変動も確認できればなおよい。供給が多い商品ほど正確な物価が計算しやすい。ただし「需要≫供給」の商品は物価が馬鹿ほど高くなっている。ストラディバリウスバイオリンが2億で落札された話は余りにも有名である。さらにその上を行くと「需要≠0」かつ「供給=0」によって「0による除算」が行われてしまい、世界の終焉を迎えることになる。供給量の少ない商品を求めるのはほどほどに。