物置

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「物置」の項目を執筆しています。

物置(ものおき)とは、雑多なもの、差し当たって利用価値が無い物(者)を収納、留置、封印しておく為の小屋である。

概要[編集]

正式に言えば「物置小屋」。別名は「納屋」(なや)など。主に家屋や建物から若干離れた敷地内に設置され、薪炭などの物を期間限定で使用する物をシーズンオフの時期に貯蔵したり、使わない(もしくは使えない)物(者)を押し込む御払い箱や監獄の役目も果たす。ちなみにドラえもんが寝ていたり、室内や階段裏に有るのは「押し入れ」であり、物置とは用途は同じではあるが形態が異なる。物置の用途や種類の詳細な説明は後述の通り。

用途[編集]

物置

様々な用途に使用できる。収納上手な人ほど様々な使い方をする。

使わない物の収納
シーズンオフや電池切れなどの理由で取り敢えず今の時点で有効活用が出来ない物(夏におけるこたつストーブ、冬におけるかき氷機[1])をしまい込む。家の箪笥や引き出しにしまいきれない物を詰め込んだり、要らないものをほうり込む御払い箱としても機能しており、物置自体が重宝されても物置の中身が要らないもので埋め尽くされる事は各地でよくあることとなっている。
住居
テントより強度に優れ、窓付きであれば通気性も良好である。そのため、家無き民の住居としても利用可能であるが、確実に住民登録は申請を拒否され、住所不定となる。最近では家を象った物置も販売され、この用途での需要はホームレスなどの層を中心に増える見通しであるが、用地の面で管理組合との衝突の問題を懸念する声も出ている。
監獄
悪戯の過ぎた狼藉者の簡易版留置場としても使用が可能。悪戯っ子にとってはお仕置きとして物置に閉じ込められるのは恐ろしい制裁の一つであろう。窓の付いてない物置に閉じ込められて用心棒などかけられようものなら、立派な監獄が完成する。アニメでは「サザエさん」などでカツオに対する制裁のシーンによく見られる[2]。ドロ警では捕まった泥棒役を留置する監獄の役目を立派に果たす他、稀にかくれんぼで自分から入るケースもある。
愛の巣
学校などの施設では、体育の教科で器具の収納の為に物置が設置されているケースが多い。そこは、人があまり寄り付かないスポットとしてラブホの替わりに使用されることもある。愛の営みを誰にも見られたくない場合は、内鍵か用心棒を掛ければ、誰の目にも触れる事なく、あんなことこんなことが出来る。稀に体育で使用する鉄棒やバットなどの器具に交じって保健体育の課外授業で使用するような器具が出てくる。

種類[編集]

一般的なタイプ
木造のものやプレハブのもの、ステンレス製などがある。近年出回っているもので、窓が無くドアがスライド式の物置は大抵イナバ物置製であり、100人までなら乗っても大丈夫なくらいなので強度の信頼性も高い。ただ、上に上るには相応の覚悟と梯子を付ける工事が別途必要となる。
車両などの流用
物置。よく見ると物置自体が放置されているかもしれない。
廃車などによりナンバーや車番を剥奪された車体が物置に流用されるケースが多い。鉄道車輌が多く物置となっており、静岡県の某所では小田急の車輌が物置として使用されているほか、外国などでは元国鉄の譲渡車輌がよく物置となっている事がある。車輪が付いたままの動態保存がされている状態なら移動も可能で、車体の大きさによってはイナバ物置など相手にならないくらいの収納性と人を上に乗せられる面積の大きさを誇るが、老朽化の問題などもあり順次置き換えと撤去が進んでいる。鉄道路線でもお役御免となり、物置としても厄介払いされる車輌というものは、何処か不憫な気がしなくもない。

主な販売業者[編集]

残念。101人目が乗らない。
イナバ物置
物置を製造する大御所であり、売上は言うまでもなく、知名度もトップクラスの物置会社である。しかし、CMでは肝心の収納性より上に何人乗れるかをウリにしている[3]。ただ、近年になって101人目が乗れないといった欠陥が発見されたが、現在はこの越えられない壁を必死に越えようと改良に励んでいる。

歴史[編集]

弥生時代に広まった高床式倉庫が祖先にあたる。その後はいろいろな変遷を経て、倉庫と枝別れをした後に、今のスタイルに近い物置が完成した。文学作品にもでているので、一部紹介する。

落窪物語における物置[編集]

落窪物語の詳細な内容はとりあえずおいておき、物置の登場シーンを説明する。継母に嫌悪されていた姫君(落窪)は、男とひそかに逢っている事がバレて激怒した中納言を継母が唆したことにより、物置に幽閉される。そう、まるでお城に閉じ込められたお姫様である。さらに、継母の悪巧みで典薬助というエロジジイと無理矢理結婚させようとして、物置の前に行かせる。しかし、落窪の味方であった侍女の「あこぎ」が用心棒を立てて置いたお陰で戸が開かなかったので、無理矢理連れていかれるという難は逃れる[4]。そして物置の前で長い間座っていて腹が冷えてしまったエロジジイは、「ひちひち」とあれを漏らしてしまい、格好がつかなくなって退散した。因みに誤解のないように付け加えるが、物置はトイレではない

脚注[編集]

  1. ^ クーラーはしまい込めない。扇風機は暖房などの空気を送り込む為に使用するケースも多い。カキ氷自体も食欲の秋でも冷た過ぎて季節に合わないのでしまわれてしまう
  2. ^ ほとぼりが冷めたら必ず出してもらえているので、鰹節を作っているわけではない。
  3. ^ 因みに、CMでの座る位置は営業成績によって決められており、真ん中は社長と決まっている。
  4. ^ 用心棒は外からかけていたが、暗がりで見えなかった為に見つけられる事はなかった。

関連項目[編集]


Chn13051007310002-p1.jpg この項目「物置」は、姉歯さんがビックリしちゃうほど欠陥だらけです!警察沙汰にならない内に、震度7の地震もへっちゃらである位の耐震工事をして、「大改造!!劇的ビフォーアフター」の匠達をも魅了するように仕上げて下さい!! (Portal:スタブ)