「横槍を入れる」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
316 バイト追加 、 2016年8月22日 (月) 20:26
横槍を3本ほど追加。
(取り消し ごめんなさい。背後から剣を突いている画像ですね。画像を載せて頂くなら、文字通り「横」から「槍」を突いている画像をお願いします。)
(横槍を3本ほど追加。)
'''横槍を入れる'''(よこやりをいれる)とは、古来の戦闘において最も有効と言われた攻撃手段である。
:{{横槍}}問題はその後だ。[[明智光秀]]は横槍を入れたのにその直後に死んだじゃねぇか。
 
== 概要 ==
中世以前の戦闘において、[[槍]]は最も優れた武器だと言ってよい{{要出典}}。[[剣]]や[[刀]]、あるいは弓矢といった[[武器]]は、使用するのにもそれなりの熟練を要する。それに対して槍は短時間の訓練で素人にも容易に使いこなす事ができた。
 
その槍の最も効果的な使用法が'''横槍を入れる'''事である。正面からの攻撃では相手も容易に防御できるが、横からの攻撃では多くの場合攻撃されたものは不意を突かれる事になる。
:{{横槍}}草食動物は視野が広いんだ。つまり[[草食系男子]]には横槍は効かないんだよ!
 
== 起源 ==
 
== その後 ==
近世以降、[[銃]]の登場によって槍の戦術的価値は低下し、文字通りの意味での'''横槍を入れる'''戦術は下火となった。{{要出典}}しかしながら広い意味においては、現在に至るまで'''横槍を入れる'''戦術は有効である{{要出典}}。
:{{横槍}}出典も無しにそんな事を言えるのか?
 
全ての歩兵に銃が行き渡る時代になっても、まだ歩兵による突撃は有効な手段であった。そのために生まれた銃剣は実質上、槍と同じ役目を担ったと言って良い。歩兵どうしの戦闘の最後の決着をつけるのは、近代に至るまで歩兵による白兵突撃であった。その際、正面から突撃するのは無謀な行為であるとされ、側面から不意を突く形での奇襲は非常に有効な戦術であった。
10

回編集

案内メニュー