「化粧」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
995 バイト追加 、 2010年11月23日 (火) 06:30
編集の要約なし
(+ICU)
'''化粧'''(けしょう)とは、人間が[[顔]]や体の醜いものを隠すためにかぶる人工の皮のことである。'''化けの皮'''とも呼ぶ。
 
== 概要 ==
ほとんどの[[女性]]は[[男性]]に見せたくない醜い部分を多く持っているため、日々化粧に力を入れている。特に「[[ブス]]」や「[[おばちゃん]]」と呼ばれる人種は、元の姿が想像できなくなるほど分厚い化粧をつけることが多い。したがって、化粧した姿しか見ていない人が初めて[[すっぴん]]を見ると、99%の人が想像とのギャップに愕然としたり「あんた誰?」と思ったりすると言われている。
古来より人間は、何かプレゼントしたりアクセサリーを付けたりして、何とか異性に気に入られようと涙ぐましい[[努力]]を重ねてきた。しかし、いくら豪華なプレゼントやアクセサリーを使っても自分の容姿だけはごまかすことができなかった。そこで人間は、顔に物を塗りつけて悪い部分を隠すという方法を考え出した。これが化粧の始まりである。
 
ほとんどの[[女性]]は日々化粧に力を入れている。これは女性が醜い部分を多く持っているためだと言われている。
 
特に「[[ブス]]」や「[[おばちゃん]]」と呼ばれる人種は、元の姿が想像できなくなるほど分厚い化粧をつけることが多い。確かに化粧は醜いものを隠すことができるが、だからと言って皮を分厚くすればかえって不自然さが目立ってしまい、[[妖怪]]として見られる可能性が高い。そもそも、化粧で醜い姿を完全に隠すのは不可能なので、分厚い化粧にするのはある意味自滅行為と言える。
 
化粧した姿しか見ていない人が初めて[[すっぴん]]を見ると、9割以上の人が想像とのギャップに愕然とすると言われている。すっぴんは本当の姿をさらけ出した状態なので、きれいな部分しか見ていない人が不快感を抱くのはある意味当然と言えるかもしれない。
 
== 関連項目 ==
264

回編集

案内メニュー