「横槍を入れる」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
20 バイト追加 、 2011年1月9日 (日) 10:28
編集の要約なし
 
== 概要 ==
中世以前の戦闘において、[[槍]]は最も優れた武器だと言ってよい{{要出典}}。[[]][[]]、あるいは弓矢といった[[武器]]は、使用するのにもそれなりの熟練を要する。それに対して槍は短時間の訓練で素人にも容易に使いこなす事ができた。
:[[Image:yokoyari.png|90px]]だから[[要出典]]って言っているだろうが!出典を示せや!
 
 
== その後 ==
近世以降、[[]]の登場によって槍の戦術的価値は低下し、文字通りの意味での'''横槍を入れる'''戦術は下火となった。しかしながら広い意味においては、現在に至るまで'''横槍を入れる'''戦術は有効である{{要出典}}。
 
全ての歩兵に銃が行き渡る時代になっても、まだ歩兵による突撃は有効な手段であった。そのために生まれた銃剣は実質上、槍と同じ役目を担ったと言って良い。歩兵どうしの戦闘の最後の決着をつけるのは、近代に至るまで歩兵による白兵突撃であった。その際、正面から突撃するのは無謀な行為であるとされ、側面から不意を突く形での奇襲は非常に有効な戦術であった。
:[[Image:yokoyari.png|90px]]浸透戦術を編み出したのは、ロシア軍の将軍・ブルシロフですが?
 
さらに[[第二次世界大戦]]に広く普及した[[戦車]]も、広い意味で'''横槍を入れる'''ための兵器である。歩兵とは比較にならない高速によって、敵の側面に回り込んで攻撃する事を可能とした。これは[[ハインツ・グデーリアン]]によって確立した戦術であり、電撃戦と呼ばれた。
:[[Image:yokoyari.png|90px]]おいおい、全然解釈が違うだろ!
 
46,607

回編集

案内メニュー