「横槍を入れる」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
31 バイト追加 、 2011年1月11日 (火) 15:02
編集の要約なし
'''横槍を入れる'''(よこやりをいれる)とは、古来の戦闘において最も有効と言われた攻撃手段である。
{{ウィキペディア無し}}
 
== 概要 ==
中世以前の戦闘において、[[槍]]は最も優れた武器だと言ってよい{{要出典}}。[[剣]]や[[刀]]、あるいは弓矢といった[[武器]]は、使用するのにもそれなりの熟練を要する。それに対して槍は短時間の訓練で素人にも容易に使いこなす事ができた。
567

回編集

案内メニュー