生活指導員

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

生活指導員(せいかつしどういん)とは、生徒教師を介護するための職業である。必要資格としては社会福祉士が必要のほか、短大大学で福祉系の選択科目を採る必要があるなど、ハードルの高い職業でもある。

概要[編集]

生活指導員は抽象的な仕事であるが、主に未成年であると学校所属の指導員、還暦を過ぎると福祉施設所属の指導員として扱われている。ただし福祉施設所属指導員は福祉士という別名もあるため、こちらでは学校に駐在する生活指導員について扱う。

生活指導員はその名の通り学校における風紀の是正を図ることを目的とした指導員である[要出典]。そのため指導員は疾っくのとうに廃った校則を守らせ、守ることで利益が生まれるわけでもない校則に生徒を縛っているという場合が多い。しかしながら教師の話を聞けば特に破らないであろう校則ばかりであることもまた事実であり、生活指導員は生徒を拘束するというよりかは介護するという側面を持つこともまた事実である。一方、教師たちにも生活指導員は働いている。登校路に立つ、担任の教師にクラスの内容、事情を報告するなど東奔西走の毎日を送っている。時には教師の派閥争いの仲裁、教師の不倫の仲裁など、教師が教鞭のみをとるように矯正させているのも密かな任務である。決していわゆる嫌がらせは生徒だけにではなく、教師にも行っていることはあまり知られてないことでもある。

対生徒[編集]

対生徒へは主にこのような事象をしていることが多い。

所謂長話である。風紀の是正、長期休暇の過ごし方あれこれ等々まるで鶏知を付けるような物言いをしている。生徒からは大きく反感を買うものが多いが時まぐれに生徒の表彰をすることがある。勿論そこで表彰された人々は先生のゴマスリとして苛められるのだが、その一方で生活指導員は表彰をする生徒には「態々気遣う必要のない相手に気遣うな」ということを暗示しているともされている。彼らの行動は変えられないから、自分のことだけをやれ、後は教師がやる。という頼もしい言葉なのか、どうせ誰かに任せておけ、という責任転嫁の言葉なのかはその生徒自身の考えることであろう。
  • 風紀・校則違反への注意・罰則
休み時間などを使い敢行されるこのような行為は生徒にとって1番迷惑な行為ととらえる人がいる。ホームルーム時も同様であり、部活・体育の時間に遅れるやも知れないというのにのんびり楽々と話を続ける生活指導員には生徒が殺意を芽生える原因ともされている。一方生活指導員は体育の教師・部活の顧問にも下記の理由などにより融通が効かせられるため、あまり心配されることはない。それよりも生活指導員は風紀の是正に力を入れようとしているが、生徒はこれもまた遅れるかもしれないという気持ちで話を聞いていないのであり、再発する可能性が大きくなることも検証されている。

対教師[編集]

対教師であろうとも風紀は侵すことなかれ、という考えは生活指導員の中にもある。廊下を走る教師などを目撃すると後で職員室で注意する、放送の呼び出しなど対等な立場であっても言うなど教師への振る舞いを教えているところもある。一方で生活指導員は教師から文句のうるさい人だと白い目で見られている節もある。決して人気者でない彼らの立場を労ることも生徒の役目としてあるのではないか。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「生活指導員」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


この項目「生活指導員」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)