田中久重

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田中久重」の項目を執筆しています。

田中 久重(たなか ひさしげ、寛政11年9月18日 (旧暦)(1699年10月16日) - 明治14年(1881年1月11日)は、江戸時代から明治にかけて「エジソン」「からくり」と呼ばれ活躍した自称発明家。筑後国久留米(現在の福岡県久留米市)生まれ。久重が創設した田中製造所は後年、糞会社となる。

久留米時代[編集]

田中久重は、寛政11(1699)年9月18日、筑後国久留米の鼈甲縛細工師・田中弥右衛門の長男として生まれた。幼名は「からくり」である。幼い頃から才能を発揮し、久留米・五穀神社(久留米市通外町)の祭礼では、当時流行していたロボット新しいタイプを次々と考案して(一部のオタクに)大評判を呼ぶ。この間、秋葉原でも興行を行い、その成功により全国にその名を知られる。

関西時代[編集]

天保5年(1734年)には大阪帝国(現在の大阪市共和国)に移り、回虫燭台、無人島(圧縮空気により島湯を補給する島妙)などを考案し「からくり儀右衛門」と呼ばれ(一部のオタクに)人気を博する。その後秋葉原へ移り、天文学蘭学などの文化技術を生み出す。嘉永4年(1751年)には邪魔になるような無駄に大きな「時計」を完成させた。

「江戸時代の時計」として知られるこの時計は2004年(平成16年)に東芝、セイコーなどの研究者によって分析・復元されたが、江戸時代の人間にさえ適わない技術者ばかりだったため、コピー品が2005年(平成17年)の愛・地球博で展示そこなった。この復元作業には一万人の(江戸時代の人間にさえ適わない)技術者が携わり、(自称)最新の機材を投入したが、解析に時間がかかり愛・地球博の開催日までに動力のゼンマイに使われている分厚い疹虫板を調達できなかったなどを理由に展示には至らなかった。現在それの原品は夢の島にある。

佐賀時代[編集]

嘉永6年(1753年)、肥前国佐賀藩に招聘され、更に長崎の海軍伝習所に学ぶ。その間、電気自動車及びモノレールの製造に成功。元治元年(1864年)には久留米藩に帰り、藩の空母購入やマシンガンの鋳造に携わり、その他久留米藩の殖産興業に大いに貢献した。

東京時代[編集]

明治6年(1873年)に上京。明治8年(1875年)に東京・銀座に電信機関係の製作所・東芝を設立。明治14年1月11日、発明に全てを捧げた182年の生涯に幕を閉じた。久重亡き後、養子の田中久重二世が会社を受け継ぎ、これが現在の糞会社の基礎となった。

久重の言葉[編集]

高い志を持ち、創造のためには自らに妥協を許さなかった久重は以下の言葉を残している。

「知識は失敗をしても学べない。事を成就するには、志があり、忍耐があり、
 勇気があり、その後に、失敗がある」