田中幸雄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 幸雄 (たなか ゆきお、1959年2月27日 - ) は、元プロ野球選手。同じ時期に同チームに同姓同名の田中幸雄が在籍していたため、ファンからはオオユキと呼ばれていた。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田中幸雄 (投手)」の項目を執筆しています。

来歴[編集]

1981年のドラフト1位で日本ハムファイターズに入団し、1989年まで在籍、1990年中日へ移籍し、翌年に現役を引退した。
現役引退後は日本ハムのスカウト、投手コーチなどを勤めていたが、2005年に退団。

成績[編集]

ノーヒットノーランも記録している(1985年6月9日の対近鉄戦)が、通算成績は

  • 214試合 25勝 36敗 16セーブ 4完投 1完封

と特に目立つものではない。

人物[編集]

同姓同名の田中幸雄は、後に「ミスターファイターズ」と呼ばれ、2000本安打を達成するほどの大選手であるが、入団(ドラフト3位)当時は先輩であるこっちの田中幸雄の方が格上(ドラフト1位)であると看做され、しかも身長が高かった(約1.22hyde)ために「オオユキ」と呼ばれていて、あっちの田中幸雄はそれに対して「コユキ」と呼ばれるようになった。スコアボードでもこっちが田中(幸)、向こうが田中(雄)。ちなみにコユキの身長は約1.18hydeであり、決して全然小さくないのである。

コユキが球団史上に残る大選手への道を着々と歩むのと同時に、オオユキの方は成績はジリ貧、ついにはトレードに出されてしまうのだが、そこでも1年で引退。

しかし何を考えたのか、引退後はわざわざ同姓同名の大選手がいる古巣へ戻ってスカウトだのコーチだのをつとめる。よほど「日本ハムの田中幸雄です」という自己紹介でおいしい思いをしたのではないかという疑惑が持ち上がっている。なお、通算奪三振数が334である。 ん...334??(お察しください)


ExSport.png この項目「田中幸雄 (オオユキ)」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)