田村市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田村市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「田村市」の項目を執筆しています。

田村市(たむらし)は、福島県中通りの東に位置する多民族秘境都市。

概要[編集]

「はつらつ高原都市」というキャッチコピーの通り、市内にはモンゴル高原さながらの草原が無限に広がり、過疎化の進行から居住者を見つけることは困難を極める。

尚、阿武隈高地の奥地に広がり、外部との関係が阻まれているため、他地域では存在すら怪しまれている。

歴史[編集]

平成の大合併[編集]

2000年代初頭まで、阿武隈高地周辺は蝦夷の文化を残す先住民族が政治勢力を乱立させていた。 しかし平成の大合併の際、日本国の同化政策により5つの異なる民族の自治政府が統合されたことで田村市が誕生する。中通り中央部でそこそこの覇権を握っていた船引国が国家と密約を交わしたことで実行され、結果的に昆虫による統一国家である常葉カブトムシ自然王国、鬼の子孫が実効支配する大越国、天文台の設置で宇宙人との国交締結を目論んでいた大滝根帝国、そして川内国、葛尾国とともに阿武隈大公国を建国せんとしていた魔境都路国を統合し、田村市が完成した。

一見すると戦火無く平和的に統合された5カ国であったが市民に通告なしに統合に走ったため、現在も地域間での紛争の勃発が懸念されている。

地名[編集]

地名の由来は平安時代坂上田村麻呂がフラっと遊びに来たことを神の思し召しと勘違いした地元のお偉いさんが、自分達は田村麻呂の子孫だと勝手に自称して名字を田村に変更して、地名も田村にした。それを横目で見ていた隣町の三春のお偉いさんも、同じく名字を田村に変更した。

だが田村麻呂はあくまでもフラっと散歩に来ただけなので、全くもって経済効果は無かった。結局はこちらの自称子孫の田村家は室町時代に反乱を起こして滅亡し、三春の田村家の方も戦国時代に娘婿の伊達政宗の罠に嵌められて滅亡したため、今となっては田村麻呂の面影を一切感じることも出来ず、スギ花粉の香りだけが漂っている。

地理[編集]

北に移ヶ岳、南に大滝根山、西に片曽根山、東に大鷹谷屋山、中央に鎌倉岳という山篭りに丁度いい標高の山々を五芒星に結んだ結界の中に位置する。その山岳の多さゆえ山のハクビシンの間では修験道の信仰が広がり、新興宗教団体も結成され獣たちの間で着々と信仰者を増やしている。

各自治体[編集]

船引町(旧船引国)
移国、船引国、七郷国の連合体として発足。かつてはふねひきパークを総督府とし、田村郡周辺に大きな影響を及ぼしていた。

町内の大滝根川に生息する鯉は隣の郡山市から市長選挙に疲れた鯉が脱走し、船引に亡命してきたといわれている。

常葉町(旧カブトムシ自然王国)
古よりカブトムシが王家を継いできたカブトムシのカブトムシによるカブトムシのための国家。中央にそびえる鎌倉岳の登山道が崖すぎてリポビタンDのCMのオファーが来たが、役場に許可を申請しに来た製薬会社のスタッフがオフィスに群がるカブトムシの山を見て失神してしまったため中止となってしまったらしい。
大越町(旧大越国)
総面積の9割を煙草畑が占める、トリップに最適(←旅って意味だヨ)な所。かつては鬼が町内を実効支配していたが、ドラッグストアの乱立により衰退してしまった。
滝根町(旧大滝根帝国)
町内の鍾乳洞で宇宙人との国交締結のため極秘に宇宙開発を行っていた。旧国家元首はオリオン座を神格化したオリオンちゃん。天文台の建設により、宇宙開発の研究も佳境を迎えていたと言うが、併合により無念にも失敗。
都路町(旧魔境都路国)
天気予報で中通りからボコって出てるとこ。阿武隈高地の最奥部に位置し、かつては川内国、葛尾国とともに浜通り三大魔境を形成していた。人々は巨石を信仰し、巨石こそが止まらぬ過疎化から世界を救世すると信じている。浜通り三大魔境を統合し、阿武隈大公国を建国しようと企むも失敗に終わる。

交通[編集]

磐越東線
船引、大越、滝根には磐越東線が通っているが、帰宅ラッシュで郡山から来る車両が二両編成なため、田舎で車内はほとんど電波も通じないにも関わらず満員でギュウギュウという不思議なアイロニーを奏でる。よって田舎を走る満員の電車、略して満鉄と呼ばれる。尚常葉と都路はハブられた様子。
磐越自動車道
磐越自動車道も船引、大越、滝根を通っており、近頃はスマートICも設置された。交通量が県道より少ない。尚常葉と都路はハブられた様子。
国道288号線
田村市の背骨。

名所[編集]

スーパー[編集]

ふねひきパーク
言わずと知れた船引のビーコン。あれが無いと船引じゃない。ゲーセンで未だに頭文字D5が稼働してる文化財レベル。
リオンドール
便利。隣にダイソーもツルハもツタヤもあるので、あそこだけで生活が成り立つ田村市民のデパート。
ヨークベニマル
オホホザーマス東部台の住民御用達のスーパー。船パー、リオンと共に船引三大スーパーの一角を成す。いち早くセルフレジを設置した文明開化の先駆け的存在。
シミズストア
常葉町を牛耳る。惣菜うますぎ。おそらくセブンティーンアイスの自販機が設置されている日本で最も田舎なスーパー。

景勝地・観光地[編集]

お人形様
船引駅で電車から降りると早速鬼面の赤ちゃんギャン泣きお人形さんがお出迎え。さらに船引町内にあと2体いるらしい。怖い。
入水鍾乳洞
滝根の天然要塞。暗くて寒くて狭いので中で缶コーヒーを飲むと美味しい。
星の村天文台
宇宙人バシャールと交信を試みた滝根の遺構。
ムシムシランド
虫が沢山いる。
行司ヶ滝
滝行に使うには丁度いい落差の
古代亀石
でかくて丸いで切れれば1人前。

その他[編集]

大鷹谷屋山標準電波送信所
なんと日本に2ヶ所しかない電波送信所!すごいぞ!
結婚式場
丸美と辰巳屋の2強。意外と近くにあるので、ドローンで見ると船引町内はまるでディズニーランド
田村市役所
船引駅前を盛り上げようと駅前に新庁舎を建てたら道路が狭くて余計混雑してしまった。

ドラスト戦国時代[編集]

田村市は現在ドラッグストア戦国時代である。田舎すぎて医療が行き届かないと思い込んだ都会の兄さんたちが大量のドラッグストアを開店させたせいで、ツルハ、ハシドラ、薬王堂、サンドラ、ウエルシアといった大手列強が市内にはびこっている。

関連都市[編集]

NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
田村市の執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)