由利高原鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「由利高原鉄道」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「由利高原鉄道鳥海山ろく線」の項目を執筆しています。

由利高原鉄道(ゆりこうげんてつどう)とは、羽後本荘駅矢島駅を結ぶ鉄道教徒にもあまり注目されない鳥海山ろく線を運行する、第3セクター方式による鉄道会社である。

路線の歴史と概要[編集]

元々は羽越本線の羽後本荘駅から秋田県の内陸南部のどっかを結ぶ路線になる予定だったが、ルート選定にあたって1mごとにダウジングやサイコロの出目など、さまざまな方法で方向を決めるという、おそろしく時間と手間のかかる方法を取っているうちにJNRが巨額の赤字を抱え、しかたなく矢島駅を終点とした。

のちに特定地方交通線となり廃線の危機を迎える。しかし、青森の東急に手を差し伸べられたら、「ウチらがやる」と今まで散々反対運動をおこしていた奴らが言い張ったため、昭和59年(1984年)に第三セクター方式で由利高原鉄道が設立され、翌昭和60年(1985年)にJNR矢島線としては廃線になった路線を受け継ぎ超解散ROCK-1000として開業。

前郷駅から矢島駅まではタブレット閉塞を用いたり有人駅においては硬券を発行したりと、鉄道教徒が好みそうな要素が揃っているが地味さゆえにあまり注目されない。秋田県民や鉄道教徒からの人気がもっと出ればいいのに。

路線データ[編集]

  • 区間(営業キロ):23.0km
  • 軌間:1,067mm
  • 駅数:12駅(起終点含む)
  • 全線単線
  • 全線非電化

沿線[編集]

一面田んぼ・・・と思いきや近くをそれなりな道路が走っていたり、家があったりして意外とひらけている。路線図で見るとショボそうだが、それなりに栄えている。さすがおおむね1時間に1本・1日14往復の列車が走っているだけはある。

羽後本荘から前郷まで[編集]

羽後本荘駅の4番線から旅は始まる。羽後本荘の次の薬師堂駅のあたりまでは羽越本線と並走している。事実、薬師堂駅のすぐそばには羽越本線の踏切がある。 かつて薬師堂駅の駅舎はいつ崩壊してもおかしくないようなものであったが、平成21年にようやく新駅舎へと建て替えられた。

その次の子吉駅は駅舎こそ古いが中に玉ノ池簡易郵便局があり便利である。

さらにその後新しい駅舎の鮎川・黒沢の両駅に止まる。

黒沢駅を出て800mほど走るともう曲沢駅である。この駅は田んぼの真ん中にある。

そしてその次が中間駅では唯一の有人駅・前郷である。駅前は小さいながらも町としての機能を有している。

前郷から矢島まで[編集]

前郷駅から矢島駅の間はタブレット方式を採っている。ゆえに、前郷駅では近頃珍しくなったタブレット交換が見られる。

次は由鉄で最もオンボロな駅舎を有する久保田駅である。

その次はかつて終着駅であったこともある西滝沢駅である。

西滝沢を出ると特筆すべきことが何もない吉沢・川辺の両駅に止まる。

そして、その次が終点の矢島駅である。有人駅であり駅にコミュニティーセンターが併設されている。また、由利高原鉄道の資料コーナーもある。

保有車両[編集]

YR-2000形2両とYR-3000形3両の計5両を保有。開業時に登場したYR-1000形(後年、YR-1500形と改める)は既に全廃となっている。

すべての車両に「おばこ」という愛称が付けられているが、決して「おばか」ではない。

YR-2000形(2001)
ごく普通の18mの気動車。
YR-2000形(2002)
日本宝くじ協会が国民から巻き上げた金を使って寄贈した車両で由鉄唯一のオールロングシート車である。また、イベント時には車内にテーブルを備えつけることができる。
YR-3000形
平成24年に導入された念願の新型車両。セミクロスシートで、2002と同じくイベント時には車内にテーブルを備えつけることができる。3001、3002、3003の3両が在籍し、それぞれ緑・赤・青を基調としたカラーリングとなっている。

この路線の未来[編集]

沿線は少子高齢化が進んでいるので将来の見通しはあまり明るくない。いい路線なのに地味なので鉄道教徒にもあまり注目されない。

最近、原油高の影響により若干運賃が高くなった。それが故にディーゼル車での運行もケチる様になり、工業高校生が開発した電池山積みの列車を運行する事となった言う噂がある。

由利について[編集]

あの百合とはまったくもって違うので何かに期待して行かないように。おばあちゃんばかりで絶望します。でも時間帯によっては女子学生に囲まれることもあるかもしれない。秋田県は美女が多いらしいからね。しかし、「ゆりてつ 私立百合ヶ咲女子高鉄道部」のラッピングを2年間してしまっているのでオタクの間で評判が地味にあったし、もはや無関係と言えなくなってしまった。例の萌え米の影響でもあるのかな?

ライバル・羽後交通[編集]

秋田県南部を縄張りにしており、鉄道を捨ててバス事業者となった羽後交通も本荘から矢島までの路線バスを運行しているが、いまのところ速達性・定時性などは鉄道のほうが優れているのであまり利用客は多くない。駅から近い停留所もある。

関連項目[編集]