甲賀市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「甲賀市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「甲賀市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「甲賀市」の項目を執筆しています。

甲賀市(こうかし)とは、滋賀県の南部にある小さな町。日本で唯二の忍者の里であり、現在もその面影を残している。現在数少ないニンジャスターの生産地でもある。

概要[編集]

甲賀市は昔から忍者の生産地であった。ライバルの伊賀忍者が特定の主君がいない忍者派遣会社に対して、甲賀忍者の特徴は地元近江国の大名である六角氏という特定の主君がいたことである。そして戦国時代は忍者が最も活躍した時代だが、戦国時代の幕開けには甲賀忍者の活躍があった。

よく教科書では「応仁の乱で足利将軍の権威が地に落ちて、戦国時代が始まった」と書かれがちだが、足利将軍も自分の権威が地に落ちる様子を座視していたわけではない。髪の毛が緑だったという9代将軍足利義尚は 、みずから将軍に逆らう大名たちを討伐することで、将軍の権威を取り戻すことを目指した。最初の標的は京都に近い近江の大名·六角氏で、義尚は六角軍の倍以上の2万の大軍を集めて出陣できたので楽勝と思いきや大失敗する。すなわち六角配下の甲賀忍者のゲリラ戦術に翻弄されてしまい、いつまでも近江を平定できず六角を討ち取れず、京都へ帰るにも帰れない泥沼の膠着状態に陥る羽目になったのだ。義尚は結局、憂さ晴らしに酒を飲み過ぎて陣中で病死し、近江征伐は中止。将軍みずから出陣しても一大名も満足に討てないとして足利将軍の権威はさらに地に落ちる結果となり、甲賀忍者の武名だけが世に轟いた。

そして戦国時代後期に六角氏の当主であった六角義賢は、織田信長にあっさり一蹴されて本拠地を落とされた引き立て役として描かれがちだが、実は六角は甲賀に逃れており、甲賀忍者を率いて信長相手に粘り強く戦い続けていた。それでも最後には信長は甲賀を平定できたとみられるが、不思議なことに甲賀忍者がどう六角から離反して信長に従ったのか、六角義賢は甲賀での抗戦をやめた後に、どこでどう生活していたのか、全く不明である。信長に六角が拘束か庇護された形跡もない。あれだけ信長の「覇業」の詳細はよく知られている中で、甲賀の平定と六角氏との戦いの結末への過程だけが霧がかかったように分かっていない。なお六角義賢は信長に討たれた訳でないと分かる理由は、信長の死後になって豊臣秀吉に仕えていたことが分かっているからである。

さて甲賀では現在も諜報員を多く輩出している。特に、県立甲賀高校県立甲賀工業高校では、普通科に加えて忍者科があり、日本の暗殺部隊の未来を背負う若者を育成している。甲賀高校はその上特修科を設置し、7年間学ぶことができるようになっているが、甲賀工業高校にはそれが無いため、2年前に忍者科を廃止、現在は忍者工業科として手裏剣クナイ等の製造技術等を学習する科になった。著名なOBはここ100年近く出ていないが、大半の古典文学には甲賀高校OBが登場するなど、優れた人材を輩出しているのは確かである。

また、蛇口をひねればおが出てくることで有名だが、最近の若者は茶を飲まない事などから、市議会は水道水に戻す計画を検討中である。

治安[編集]

治安は非常によいが、スピード違反程度の軽犯罪でも手裏剣が飛んでくるため、市内で気を緩めるということができない。そのため観光客は年々減っており、警察は治安維持の方法の見直しているらしい。

交通[編集]

全国各地に忍者を派遣するため古くから発達している。

鉄道は草津線近江鉄道信楽高原鉄道がある。

道路は国道1号線が走っており、最近では新名神高速道路も出来てパワーアップしている。

関連項目[編集]