男女比率問題 (アンサイクロペディア)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

男女比率問題(だんじょひりつもんだい)とは、アンサイクロペディアでにわかに話題になってきている問題のことである。現在はそれほど問題無いが、将来的には運営に大変な支障をきたす恐れがあると言われている

概要[編集]

現在、アンサイクロペディアに登録されたアカウント数はいっぱいあるが、このうち男性が何人で、女性が何人と考えたことはあるだろうか?アカウント制作時に男女どちらかとは聞かれないし、個人のページで明記する必要もないし、アンサイクロペディアには嘘が沢山あるので本当かどうかはわからなかった。しかも、誰も気にしない

しかし、近年の調査によって、女性が大半を占めているという実態が明らかになった。その理由としては

  • いたるところにエロい説明があるが、それは身内なら平然とエロ話に盛り上がる女性が多いからである。
  • アニメエロゲーの記事の登場人物の詳細が非常に細かいが、それも女性の視点から書かれているためである。
  • ジャニーズ事務所あたりの記事は少ないが、これは「女性は誰もが好きなわけではない」という風刺である。

ということがあげられる。当然、反論もあるだろう。しかしこれが事実なのである。ある管理者の話によれば、アンサイクロペディアは女性の性欲が垂れ流されているという。男性はこんなところで性欲を持て余すくらいならばアダルトビデオエロゲーオナニーし、風俗店でアーン♥♥するものである。

以上のことから、利用者の半分以上、もしかすると9割は女性だといわれているのである。現在では何も問題は起きていないが、将来、運営に様々な支障をきたすことが予想されている。

予想される問題、欠点[編集]

  • 記事が18禁の内容で溢れ返る。
    • これにより耐性が無い人はドン引きしてしまう。
  • エロゲーネタで溢れ返る。
    • 男性のことは書こうとしないため、801あたりの作品についての記事が貧弱になる。
  • 何事も女性視点で書かれるため、ブサイク系芸能人の記事は無いか、ボッコボコに酷評される。
    • ただし、ブサイクさをネタユーモアとして扱っている芸能人はそこそこの評価をされるだろう。

利点[編集]

  • 女性にとっては非常に面白いページになる。
  • 女性進出がより進む
    • 世界は完全に女性の物となる。しかしここで男性の反撃が始まるかもしれない。

対策[編集]

現在、男性利用者を増やすための対策を行っている。

しかし、根本的な解決には至るどころか、むしろ悪化している

その他[編集]

この研究内容について、反論もある。ある管理者は「確かにエロゲーの項目ではヒロインたちの記述が充実しているが、これはキモオタが闊歩しているからである。むしろ男性利用者が大半を占めるはずだ。」と述べている。確かに近年のオタクの増加っぷりは目を見張るものがある。しかし、誰も信じないのが現状である。明確な調査結果が出てしまっては、大半がそちらを信じるだろう。

又、ある調査結果によれば2chの利用者の4割は女性ということからも、ネットの世界も女性中心になりつつあるのは自然の流れなのかもしれない。

関連項目[編集]