畠山重忠

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「畠山重忠」の項目を執筆しています。

畠山 重忠(はたけやま しげただ)は平安・鎌倉時代の武士。人々から「坂東武者の鑑」と礼賛された英雄である。 人々から贔屓される、武勇に精通しているなど、源義経との共通点が多い。空気が読めない、優等生だがちょっとDQNなところがあるなどの要素も義経と共通している。

秩父党[編集]

重忠は武蔵国の秩父党という武士団の出身である。この秩父党から輩出された有名な武士には、他にスーパーいなげやを開業した稲毛重成や義経の姑である河越重頼などがいる。どういうわけか知らないが、重忠、重成、重頼と、秩父党の連中は皆非業の死を遂げる傾向にあり、有名な人物で天寿を全うしたっぽいのは江戸重長ただ一人である。これらの事情を鑑みるに、秩父党は他の武士達と軋轢を生じ易い、狷介で頑迷なDQNや、謀略に嵌められ易い単純な奴が多かったことが推測される。

重忠の経歴[編集]

重忠は、最初は平氏に仕えており、石橋山の合戦で頼朝を追い詰めたり、三浦の爺さんこと三浦義明を追い詰めて玉砕させたりと、頼朝をさんざんに苦しめた。そんなわけで重忠と源氏の間には禍根があったわけだが、趨勢が源氏に有利になると、重忠は厚かましくも昔のことは水に流しましょうと言って頼朝に帰順して来た。

この時重忠は、自分の先祖が源義家、つまり頼朝の祖先で、源氏の隆盛に貢献した英雄から拝領したという軍旗を掲げて頼朝に拝謁し、自分の家はかつて源氏に仕えていた事を誇示すると同時に、平氏から離反して頼朝に仕えることの正当性を主張したのである。

無論この軍旗云々の話は真っ赤な嘘で、重忠がその場しのぎで労した姑息な策に過ぎない。だが頼朝は機転が利いていると判断したのか、重忠を高く買って自分の傘下に入る事を許可したのであった。

源平合戦での活躍[編集]

晴れて頼朝の家臣となった重忠は源平の合戦でその武勇を遺憾なく発揮して活躍する。中でも有名なのが木曽義仲の愛妾巴御前との一騎討ちである。 法皇から義仲討伐の命令を受け、頼朝の軍勢と義仲の軍勢が激突した合戦で、重忠は女武者として畏怖された巴御前と組み合って一騎討ちをしかけ、覇王翔吼拳で脱衣KOさせて見事な勝利を飾ったという顛末が『源平盛衰記』に克明に綴られている。脱衣KOされた巴御前は全裸で逃走しなければならなかったのだが、重忠はそんな彼女を哀れんだのか自分の装束をくれてやっている。重忠の女性に優しいジェントルマン気質を伺わせるエピソードである。坂東武者の鑑と称賛されたのも頷けるだろう。

源平合戦の重忠を語るに置いてもう一つ欠かせないエピソードがある。それは一ノ谷の合戦で馬を背負って鵯越の断崖を降りた話である。 義経が崖を疾駆する鹿を見て、「鹿に出来て馬にできねえわけねえだろ!」と暴論を掲げて騎馬隊を率いて急峻な崖を降下したエピソードは有名である。 当然転落事故も多発し、多くの馬が不幸にも命を落としたり、使い物にならなくなってしまった。当時はまだ動物愛護の認識が人々に欠けていたため仕方がないといっちゃ仕方がないのだが、義経はまったく馬に酷い事をしたものである。

そんな馬に酷い仕打ちをする奴ばかりだった義経軍団の中にあって、畠山重忠ただ一人は、獣に対する慈悲を知っていた。彼は何と、逆に自らが馬を背負い、急峻な崖を降っていったのだ。しかも重忠はこの合戦で、平家方の著名な武将を何名か討ち取っている。馬を背負った状態で崖を降りて、なお太刀を手に取り奮戦するだけのスタミナを彼は保有していたのである。まさに義経以上の軍神(チート)と言えよう。

また、重忠が馬を背負って崖を降りることを実践したおかげで、人間その気になれば馬を背負って崖を降りれることが実証され、人間の可能性はさらに開拓された。

スポーツ上手、文芸にも堪能[編集]

重忠は芸術にも精通していた。義経の愛妾静御前が頼朝に捕縛され、彼と北条政子の目の前で舞を舞ったことは良く知られているが、重忠はその時、工藤祐経と共に彼女の舞に合わせて鼓を打ち、静の舞と見事に調和する旋律を奏でたという。スポーツ万能なばかりか文化人でもある、まさに完璧超人といっても過言ではない優等生であった。頼朝に重用されたのも頷ける。

その人柄[編集]

廉直な人となり[編集]

普通こういう天才肌の人物は自尊心が強く、それだけに周囲と軋轢をきたし易い。重忠の場合も、そのようなことは、あったことにはあった。 しかし、彼は多くの人々から廉直な人物であると評され、その表裏のない姿勢はとても共感を抱かれた。それが端的に現れているエピソードがある。

奥州合戦で藤原泰衡を滅ぼした頼朝は、泰衡に荷担した由利維平という人物を尋問することとなった。最初、梶原景時が尋問に応じたが、景時はいたずらに居丈高な態度で応じ、維平を立腹させて釈明を聞き出せず、逆にその傲慢を指弾される始末であった。

景時による尋問が頓挫したため、続いて重忠が尋問を行った。重忠は景時とは打って変わって慇懃な姿勢で捕虜である維平を丁重に扱い、感服した維平は殊勝に尋問に応じ、重忠は維平からその人柄を礼賛された。

景時は陰険にして高圧的、重忠は清廉潔白という人物像が定着しているが、このエピソードはそんな二人の人柄を端的に表している。 もっとも、この話は景時が頼朝の死後御家人らの総スカンを食らって粛清された後に作られた話で、いたずらに景時を陥れるために誇張を交えて作られた可能性が濃厚である。

DQNとしての側面[編集]

そんな重忠だが、一方でDQNのような振る舞いも披露している。重忠が地頭を任されていた領国で、重忠の郎党が不行跡を働いた。 そして「ちくり屋」の景時が早速その一件を頼朝に言上し、重忠は大目玉を受けた。ところが、重忠は

「俺の郎党が不行跡を働くなど万に一つも有り得ない、これは景時の誣告だ!」
郎党の不行跡 について、畠山重忠

と強弁し、逼塞してしまった。激怒した頼朝は、重忠の粛清も検討していた。

そんなのっぴきならない空気が漂っていた折、重忠の友人である下河辺行平が、重忠を説得し、頼朝に対して弁明する旨の起請文を上奏するよう助言した。ところが、重忠はこの行平の提案に

「起請文などというのは景時のように平気で二枚舌使う奴が書くものだ、廉直な武士である俺は断じて書かん!例え首を刎ねられることになっても書かん!」
起請文 について、畠山重忠

と、意地を通した。起請文とは、今で言えば始末書に該当する。つまり、重忠は始末書は二枚舌使いが書くものだ、俺は断じて始末書を書かないと強弁しているのだ。社会人としてあまりにも幼稚であり、常識を逸脱している。

そんなDQNな態度を見せつけた重忠だが、その強情がかえって頼朝を感心させ、寛恕を貰って重忠は許されている。

最期[編集]

重忠には、重保という息子がいた。親父に似て、一徹者であったらしい。だがその性格が災いして、北条時政とその愛妾、牧の方が寵愛する平賀朝雅との間に軋轢を生じてしまい、不快に思った時政によって重保は殺され、重忠も謀反人の烙印を押されて粛清されてしまう。

重忠は、時政の娘を娶っており、時政は義理の息子を殺したことになる。義理の兄弟にあたる北条政子北条義時は、人望の篤い義兄弟を粛清することに最後まで反対していたが、牧の方に骨抜きにされた時政は義時、政子の諫言を馬耳東風に聞き流し、重忠粛清を敢行した。 そして人望篤い重忠を粛清したことで、時政は求心力を失い、やがて義時、政子らに政権の中枢から排斥され、伊豆へと追放される…というのが、吾妻鏡などに見られる、時政失脚の伏線を孕んだ重忠粛清の顛末である。だがちょっと待って欲しい、これを額面通りに読解するのは危険である。

重忠の保有していた所領は、その後義時の手によって、義時の弟北条時房に与えられている。さらに、重忠の近親者で、同じく時政の娘を娶り、義時らと義兄弟の関係にあった稲毛重成が、その後の時政失脚のドサクサに紛れて、なんだかよく分からない漠然とした理由で政子、義時らに粛清されている。

これらの事実を勘案すると、重忠の粛清に義時、政子が反対したというのは真っ赤な嘘で、むしろ時政を支持して重忠粛清を推進した、そして重忠を始末して要無しになった時政を追放したと考えるのが妥当である。おそらく重忠は、後に北条氏に粛清された和田義盛のように、義時の挑発に乗せられたのだろう。

なお、重忠粛清の原因を作った平賀朝雅は、時政が失脚して後ろ盾がなくなると、重忠を陥れた元凶として糾弾され、更に実朝を害して将軍になろうとしたという疑義が浮上し、義時らに粛清された。将軍になろうとしたというのは事実無根の風聞だが、義時はその風聞を利用し、さも朝雅に野心があるかのように巧妙に吹聴して大義名分を作り上げた。吾妻鏡によれば義時は、粛清した朝雅の首級を掲げ、彼岸の向こうに重忠に涙ながらに仇を討った事を報告したという。白々しいことこの上ない。