痛快TV スカッとジャパン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「痛快TV スカッとジャパン」の項目を執筆しています。

痛快TV スカッとジャパン(つうかいてれび-)とは、日本国民情緒法を持ち込む事で左傾化を促そうとする特定アジア親派によって作成されているドラマバラエティ番組。

概要[編集]

日本はあくまで法治国家であり、個人の感情によって罪歴や量刑は判断されない。過去の判例に則って精査を行い、法律の規定に従って処罰を行う事が求められる。しかしそれに関して、「過去に高い役職にいたのだから、天罰の意を含めて厳罰に処するべき[1]」「貧乏なのだから、多少の罪は許されるべき」など個人的主観を優先する層は一定数存在している。そういった層を扇動し、より強く法律よりも感情を優先する特定アジアの某国への関心を高める事で、民間人を政治シンパに組み込もうと言うメディア戦略が立てられた。その一環として、「感情による私刑の素晴らしさ」をドラマ形式で紹介する番組がこの「痛快TV スカッとジャパン」である。

構成[編集]

基本的な構造はシンプルであり、スタジオメンバーがVTRでドラマパートを見て「スカッと」するというもの。ドラマでは善良だが気弱な主人公が、犯罪と呼べる程ではないがマナーが悪く横柄な悪役に悩まされる所から始まるのが常である。そしてちょっとしたハプニング[2]から悪役が躓いたのを気に、周囲を扇動して一斉にバッシングを行い公衆の面前で体面を叩き潰し、スカッとして終わるというパターンになっている[3]。悪役のパターンは多くなく、「ブリッ子」「イヤミ上司」などテンプレート通りのキャラクターになっているのも特徴である。

いくら相手がアンチマナーだからと言っても、普通であれば公然と面罵するのは許されない。しかしこの番組で描かれるドラマの社会感覚では「正しい方が我慢するのはおかしい」「不快な相手なのだから、何をしても許される」という、如何にもな国民情緒法的な世界観になっている為、視聴者も抵抗なくそれを受け入れる事が出来るようになっている。

またドラマの雰囲気自体は決して陰鬱な空気にならず、司会にお茶の間好感度の高いウッチャンナンチャン内村を据えたりスタジオゲストにも旬の若手タレントを多く起用するなど、明るく楽しい番組であるようにアピールし続けている。

脚注[編集]

  1. ^ 元高級官僚などの場合、生きている事自体が批判される。
  2. ^ 自分より上役が偶然通りかかる、など。
  3. ^ 当然悪役はひどい目にあい、会社員であれば解雇通告を受け崩れ落ちるシーンが描かれる事もある。

関連項目[編集]


この項目「痛快TVスカッとジャパン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)