百人斬り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

百人斬り(ヒャクニンギリ)とは、股間の一物をば持て良妻賢母たらん研鑚を怠りし不逞なる百人の女性(にょしょう)に挑み、腰振りて之を征服せしめたる武士(もののふ)のこと也。

概要[編集]

この武士、単に精強であるだけの者には勤まらず、加えて巧みなる話術(西欧では之を「ピロウトヲク」と言ふ)と生まれ持ちたる頑強なる股間の矛を備えねばならず、更に平素より生牡蠣生卵山乃芋御器被りなどを平らげて、濃厚なる子種白濁汁を維持せしめる精神力を必要とす。

稀に愚か者は一人の女性を篭絡するに一度の交わりを以て一人斬りと数えるなどと言ふ実嘆かわしい話も聞かれるが、交わり一回は剣術で喩えるなら組討ちで切っ先が触れ合う程度に過ぎぬ。真に女性を「斬る」とは相手を息も絶え絶えなる程に気を遣らせる事也。

また相手女性の歓心を得て気を遣らせるに留意せねば成らぬ事として、之ら各々の女性は常に満足させておかねば成らぬ。万が一にもこの百人の女性に一人でも不満足や嫉妬・独占欲を起こすような事が在った場合は、記録更新中に嫉妬に狂ふ女性に踏み込まれ背から刺されかねぬ為也。「延べ百人斬り」はこう言ふ事情から既に情を交した女性を再び抱いて「延べ百人」としているやうだが、真の武士ならば女性百名の腰を常に抜かさせ続ける事に挑まれたし。

百人斬りの勇者達[編集]

無敵皇軍の前では、男女平等也

以下に示す方々は無敵皇軍の象徴であつて大和民族ならば誇りに思ふべき股座の大艦巨砲主義体現者である。無敵皇軍は床の上でも無敵なのである。

同二方はかつて英国に搾取されていた支那の歓楽街に繰り出し、数え拾歳の少女から八拾六歳の老婆まで片端から抱きまくつたと言ふ。今日でこそ児童の性的搾取や高齢者虐待の咎を問われる行為であるが、この当時は問題とされなかつた。遂に二人は正式に記録史上で初めて百人斬りを達成せしめ、ギネスブツクにも載られた。ただ、この当時の支那の歓楽街は性病予防の措置が取られてはおらず、後日英国人が持ち込んだ二拾有余の性病に各々罹患、珍矛の先から腐れ始めた為、下半身を日本刀に拠り切除されてしまわれた。

一部反日分子に依る誹謗中傷[編集]

一部売国左翼はこれを以つて女性を悪鬼の如く殺害した虐殺などと称し、皇軍と勇士達の栄誉を貶めてゐる。女性らは「死ぬる死ぬる、そない無茶されては死んでしまふ」と床の上で悦びの嗚咽を揚げたかも知れぬが、殺害などされてはおらぬ。

一部親米に依る妄言[編集]

愛国者を僭称してゐるネツトウヨは無敵皇軍の戦果及び珍矛の硬度を過小評価し、無かつた事にしやうとしてゐるが、これも又皇軍に対する侮辱であらう。無敵皇軍は性的に究めてヰンモラルであつたため、斯様な事件も日常茶飯事である。

関連項目[編集]