眼鏡市場

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

眼鏡市場(めがねしじょう)とは、福井県鯖江市にある私設のメガネ卸売市場である。運営は株式会社メガネトップが行っている。

概要[編集]

眼鏡市場ではセリによってメガネの取引がなされ、その手法によりメガネ界の価格破壊を起こしたことで知られている。また場外市場として、同名のメガネ小売店を全国にフランチャイズ展開している。

歴史[編集]

初期の眼鏡市場

登場以前[編集]

かつてメガネは、おじいさんが経営していて、商店街に1つくらいはある個人店で買うことが当然であった。おじいさんはメガネメーカーから直接買い付けていたため、大分ふっかけられた値段でメガネを仕入れていた。しかも仕入れるフレームはおじいさんのセンスに任せられていたので、結果として微妙なセンスのメガネを、高額で買わざるを得なかったメガネユーザーも存在した。

市場の開設[編集]

そんな微妙メガネユーザであった創業者は、たまたまテレビやっていた築地市場のセリを見て、この仕組みをメガネの流通に応用できないかと考えた。セリにかければ、センスのいいメガネは高い値段がつき、そうでもないメガネは安い値段がつく。しかもボッタクラれることもない。彼は、国内のメガネフレームの大半が生産されている鯖江市へおもむき眼鏡市場を開いた。

若きメガネ屋のせがれたちの多くは彼の意見に賛同し、その数の多さにメガネメーカーもしぶしぶ市場に参加せざるをえなくなった。その結果、メガネの価格破壊が急速に進行した。

セリの手順[編集]

現在の眼鏡市場

現在ではインターネット中継でセリが行われており、全国のメガネ店が簡単に入札に参加できる。セリの方式は生鮮食品の場合とほぼ同じである。

  1. メガネメーカーが商品を提示する。
  2. 買い手が、希望する価格を提示していく。
  3. 最後の入札から一定時間経つと、最も高額を提示した買い手がそのメガネを入手できる。
  4. 落札されたメガネは、週に1回、まとめて各メガネ店に配送される。

イメージ戦略[編集]

眼鏡市場は、ペ・ヨンジュンベッキーなど、揺るぎない好感度を持つ有名タレントを起用し、大量のテレビコマーシャルを放映している。若きメガネ屋のせがれたちはフランチャイズに加入し眼鏡市場の店名を名乗るだけで、その知名度とブランドイメージを享受することができる。

問題点[編集]

初セリで落札したメガネにご満悦(右から2番めの人)

個人店の衰退[編集]

セリはインターネット経由で行われているため、パソコンが使えないおじいちゃんの個人店は価格競争について行けず、次々と閉店している。大型ショッピングセンターの台頭と同じく、眼鏡市場も商店街のシャッター通り化を進行させる要因となってしまった。

初ゼリの価格高騰[編集]

その年最初に行われるセリでの落札価格は年々高騰し、一つのメガネに100万円以上の値がつくことも珍しくない。高騰の理由は、日本、あるいは中国の業者がメディアなどの注目を集めるために、競って入札をしているから、と言われている

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「眼鏡市場」の項目を執筆しています。