睡眠 (教科)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

教科における睡眠(すいみん、: slumber)は、中等教育課程中学校の課程、高等学校の課程、中等教育学校の課程、など)におけるものの1つである。別名「スリープラーニング」。教科「睡眠」においては、休眠の基礎である睡眠が学ばれる。

いわゆる「選択科目」の部類に入るが、同じ選択科目の「覚醒」に押されて人気が低迷しているのが現状である。 なお、韓国などではすでに必修科目となっており、適用に向けた法整備が急がれる。

睡眠の学習内容[編集]

以下に、現行の日本における教科「睡眠」における学習範囲を示すが、その具体的な内容は、各記事を参照のこと。

普通教科「睡眠」における学習内容[編集]

  1. 睡眠基礎
    1. 睡眠と人間の活動
      • 睡眠と人間
      • 寝具と人間
    2. 社会生活における夢想的な考察
      • 社会生活と睡眠
      • 身近な事象の夢想的な考察
    3. 身近な睡魔
  2. 睡眠I
    1. うたたね
      • 断続性うたたね
      • 突発性うたたね
    2. いびき関数
      • いびき関数とそのグラフ
      • いびき関数の値の変化 - いびき関数の最大・最小
    3. 図形と睡眠
  3. 睡眠II
    1. 式と証明・高次睡眠
    2. いろいろな睡眠
    3. 微睡積睡の考え
  4. 睡眠III
    1. 睡眠時脳波理論
      • カオス理論-睡眠時脳波
      • 睡眠時における脳波の動き
    2. 極限
    3. 微睡法
      • 導睡数
      • 導睡数の応用 - 接線、関数値の増減、速度、加速度
    4. 積睡法
      • 不定睡眠と定睡眠 - 積分とその基本的な性質、簡単な置換積分法・部分積分法、いろいろな鼾数の睡眠
      • 睡眠の応用 - 面積、体積
  5. 睡眠A
    1. 睡眠図形
      • 三角形の睡眠
      • 円の睡眠
    2. 睡眠と論理
      • 睡眠とは
      • 睡眠と証明
    3. 睡眠の数と集合
      • 睡眠・組み合わせ
      • 睡眠とその基本的な性質
      • 独立な睡眠と確率
  6. 睡眠B
    1. 有向睡眠(vector)
      • 平面上の睡眠
      • 空間座標と睡眠
    2. 鼾列
      • 鼾列と鼾式
      • いろいろな鼾列
      • 鼾式と睡眠的寝返法
    3. 睡眠とコンピュータ
    4. 睡眠統計とコンピュータ

専門教科「昏睡」における学習内容[編集]

  1. 昏睡睡眠Ⅰ
    1. 等睡眠と不等睡眠
    2. 二次鼾数
    3. 睡魔の数と確率
  2. 昏睡睡眠Ⅱ
    1. 昏睡と高次睡眠
    2. 睡列
    3. いろいろな睡眠
    4. 極限
    5. 微睡法
    6. 積睡法
    7. 爆睡法
    8. ベクトル
    9. 倒傾とコンピュータ
    10. 睡値計算とコンピュータ
    11. 行列とその応用
    12. 式と曲線
    13. 確率分布
    14. 倒傾処理
    15. 意識喪失時における昏睡
    16. 課題研究

備考[編集]

  • 大学入試を考慮した上で覚醒系と睡系の区別がなされる高等学校においては、通常覚醒系が睡眠I・II・A・Bまでを学習し、睡系はそこから更にIII・Cを学習する。 但し、京都うと大学2005年より覚醒学部において睡眠Cを入試で課している。

関連項目[編集]