石灰

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「我が辞書に石灰という文字は無い」
石灰 について、ナポレオン
「石灰だっていいじゃないか、人間だもの」
石灰 について、みつを

石灰(せっかい)とは、石灰水になる前の未熟な物体である。何の価値もなく、石灰水にならないと実験にも使ってくれないことから「でぐのぼう」「物体ニート」と呼ばれることが多々ある。

歴史[編集]

石灰水参照。

途用[編集]

まったくといっていいほどない。この世に存在していても陰は薄いし意味のない物体100選に選ばれてからは人気が出てきたがそれはマスコミの間だけで実験などにはいまだに使われていない。いいこともなく、面白くもなんともないこの石が実用化されるのはいつの日になるか・・・。 最近になって、おいておくと心が和むなどとテレビ番組でうそをついていた人がいるが、科学的にも心理的にもそんな効果はない。つまり、役立たずなのだよ君は。

「価値のない人間はいない」という教育上の観点から、辛うじて運動会の際の校庭の線引きに使用されている。しかし児童・生徒が走るとすぐに踏みつけられて線がはっきりしなくなり、唯一の価値すらも失ってしまうところが、皮肉にもかえって社会勉強になっている。

酸性化した湖沼の中和にも使うというが、それは石灰が安物で池にどれだけ投げ込んでも大した出費にならないからである。

暗殺術[編集]

CP9が使用する暗殺術の応用編に石灰という技がある。 通常なんでも無いダメージなのになぜか一部分だけが崩れて粉になってしまうという技。 役に立たないため誰も使用しない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「石灰」の項目を執筆しています。

+お[編集]

石灰に「お」混ぜるのは厳禁である。間違っても頭におをつけてはならない。

関連項目[編集]

この項目「石灰」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)