砂場

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

砂場へようこそ! アンサイクロペディアのクソ記事を、見てみましょう。

  • ここは、文部科学省が子どもたちの教育のために作った砂場を説明しているページです。砂箱ではありません。
  • 編集の練習をしたい方は、サンドボックスをご活用ください。
  • 初心者の方は、このページを編集する前に、必ずヘルプページを一通りよく読み、用法・容量を守り、正しくご編集ください。使用法を正しく守らなかった場合、あなたの今後の編集活動に重大な影響を与える可能性があります。
  • 更にこのページを良くしたい人はHelp:編集の仕方ウィキペディアの解説ページを参考にするといいでしょう。

以上でご不明な点やクレームのある方はヘルプデスクへ御出頭ください。エゴイスト優しい人たちが手取り足取り答えてくれるはずです。

この記事を除去してはいけません!

砂場(すなば)とは、日本政府砂漠化の深刻さを未来ある子どもたちに伝えるために公園に作成した施設である。

概要[編集]

地球の砂漠化を子どもたちに強調するために、砂漠を忠実に再現しようとしている。管理しているのは、文部科学省。広さは、30000~1000000mm2で、広すぎるため管理しきれていない。

設備[編集]

枯れた木の根
砂漠にも、かつては森林があった場合が多い。日本は先進国として、子供にも砂漠はもとから砂漠だったわけではなく、今の森林も砂漠化する可能性があると伝えなければならない。そのために、砂場に木の根を埋めている。
人骨
砂漠には、かつて人が居住していた。しかし、砂漠になったことで生きていくことができなくなり、死んでしまったことも度々ある。子どもたちには、このような悲しい事態を二度と繰り返してはならないと分かって思うため本物の人骨を埋めている。なお、この人骨は検閲により削除から提供されれている。
酷暑
砂漠は基本的に暑い。これは子供でも知っていることだが、砂漠の暑さがいかに厳しいかを知ってもらうため、国をあげて日本の平均気温を上昇させている
古代文明の名残
砂漠には稀に古代の遺跡が残っていることがある。日本人がそのような遺跡を発見した場合、日本の教育が素晴らしいことを外国にアピールできる。このような理由から、古代文明の名残を砂場にも取り入れるべきと考えた政府は、砂場にスコップバケツを埋めている。なお、このようなものは、地上から約100mmの地点に埋まっていることが多い。

評判[編集]

各遊具の設置率と利用率
遊具 設置率 利用率
滑り台 99.9% 95% 95%
ブランコ 80% 95% 76%
砂場 75% 10% 7.5%
小さな丘 30% 99.9% 30%
鉄棒 40% 20% 8%
トイレ 35% 80% 28%

全国の75%の公園に設置されていて、設置率は非常に高いが、利用率は滑り台ブランコのほうが何倍も高い。何としても人を呼び寄せるために、砂場の中に滑り台やブランコなどの人気のある遊具を設置したり、監視員を配備したりしているが依然として人気がない。そのため、今では使用料金を取らないことにしたが、利用率は低迷し続けている。

効果[編集]

子供が泥まみれになって帰ってくるので、困る。
トイレが増えたので、素晴らしい。
鋼鉄ジーグ
砂鉄に苦しめられる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「砂場」の項目を執筆しています。