砂沙美☆魔法少女クラブ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

砂沙美☆魔法少女クラブ(ささみ まほうしょうじょくらぶ)は、日本幼女アニメ、またM田あきまさによる漫画作品。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「砂沙美☆魔法少女クラブ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

このアニメは、何度も何度もパラレル・スピンオフ作品が制作され、何が本編だかわかんなくなってしまったことで有名な『天地無用!』シリーズの156作目のスピンオフ作品である。

このアニメはタイトルの通り魔法少女アニメである。しかしこのアニメは、子供のキャラクターのほとんどに実際の子役を配しているため、登場人物は18歳以上の法則をあえて破っている稀有なものである。だがそれ故に、オタクどもの間で賛否両論に評価は分かれている。賛成派の意見としては「幼女かわいいよ幼女」「中身も幼女なんて...」といったものが挙げられる。一方、反対派の意見としては「声優が幼女に勤まるか!釘宮をだせ!」「俺三次元には興味ないし」といったものが挙げられる。どうでもいいが、いい大人が幼女幼女言うな。仕事しろ。

実際に子役を使ったおかげで、このアニメは、まるで小・中学校の学芸会に行った両親のような気分を味わえるという報告もある。演技を視聴するにおいて、普通のシーンならそこそこ見れるが、ギャグ系路線などの演技となるとお察しくださいな出来でほのぼのできるというわけだ。

このアニメは、シーズン1、シーズン2の二期にわたって放送された。シーズン1のほうは、魔法によるトラブルをみんなで解決したり、友情が生まれたりと、ほのぼのしたものであった。しかしシーズン2になると、魔法の世界といざこざし始め、シリアス路線に進んでいく。だが、幼女が演じているだけにほのぼのできる。百合ネタも素晴らしい。ただ作画崩壊。これだけはほのぼのできませんよ。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、タイタニック号は沈没してジャックは死亡することや、俺こそが伝説の怪物(I am Legend)だったことや、ソウルジェムが濁ると魔法少女は魔女になることや、電人HALを展開するパスワードは「1/1000000000000000000」であることや、“ともだち”の正体はカツマタでありフクベエは小学校時代に死んでいたことや、大賢者ガトーもチキもチェイニーも神竜族の末裔であることや、乾巧はウルフオルフェノクであることや、吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

ストーリー[編集]

砂沙美は、魔法が使える所謂、魔法少女である。しかし、父親との約束でそのことは隠して生活している。

ある日、砂沙美と転校生で未だクラスに馴染めない美紗緒は、異空間へと飛ばされてしまう。そこで、美紗緒の過去が映し出された。彼女は、前の学校で魔法が使えることから虐められていたのだ。それを見た砂沙美は、父親との約束を破り、彼女の前で魔法を使って見せ、そして、彼女を料理クラブに誘うのだった。砂沙美の夢は最年少の特級厨師(作品における最高位の料理人資格)になることであったのだが、この夢を実現するために魔法を使っていいものか悩んでいたのだ。ここにおいて同じく魔法を使えることで悩みを抱えている美紗緒に出会い、砂沙美は妙なシンパシー感じちゃったのである。美紗緒も始めてできた友達に不安を抱きつつ距離を置きつつ、少しずつ砂沙美を信頼していく。まぁあれだ、日英同盟みたいな関係だ。なに、支離滅裂気味だって?仕方ねーだろ、ビール飲んでんだから。文句あっか?あぁ、ちょっとなんだ、おい、てめぇ何するんだ!!警察?嘘つ...おいまてうわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp

キャラクターとキャスト[編集]

岩倉砂沙美(いわくら ささみ):小川真奈

このアニメの主人公。誕生日:9月6日。O型 144cm

ツインテールだが、ツンデレではない。残念でした。料理が得意で、シーズン1のOPで彼女が調理器具に魔法を使っているシーンも存在する。他の魔法少女 も敵を倒すとか物騒な事ばかりでなく、もっとこういう風に魔法を平和利用してほしいものである。

また作画崩壊が著しく低くとにかく恵まれている。後の風浦可符香である。

篠原美紗緒(しのはら みさお):志村比芽子

誕生日:6月12日。A型 152cm

魔法を使えるせいで友達ができなかった。

シーズン1は砂沙美たちとも仲良くしていたのだが、シーズン2になると恋愛とかのいざこざとか色んなフラグで砂沙美たちとは袂を分かつこととなり、一人で魔法世界へ行ってしまう。その後は闇の力(笑)に取り込まれ、大人のカラダに大変身する。大変身した際には黒い光をまとった蝶のような羽を生やしていたのだが、攻撃する際にはウナギを飛ばして攻撃したため、視聴者の腹筋にクリティカルヒットしたことは有名である。

また、闇の力(笑)にとりこまれた際、中二病全開のせりふを発しており、これには美紗緒ちゃんではなく中の人の志村比芽子ちゃんが中二病に陥らないか、良識ある大人は本気で心配したという。

穂積真琴(ほづみ まこと):波多野桃子

誕生日:3月11日。B型 137cm

このアニメにおける貴重な突っ込み役。ウルトラマンの一族の出身だが巨大化してモンスターとは戦わない。

触覚が2・3本生えている。ミーハーで、男にはがめつい。そのせいかOPでは優遇されてない。また、かんたん作画に陥るとアスラン・ザラみたいになってしまう。とにもかくにも恵まれてない。

高峰 司(たかみね つかさ):川上早春(かわかみ さはる)

誕生日:5月4日。A型 157cm

某長門を連想させる無口キャラ。初登場の際にはクールキャラでいくとおもったら、とんだ天然だった。

ハスキーボイスが素敵。杏莉にカラダを狙われている。

美杉杏莉(みすぎ あんり):船山真凛(ふなやま まりん)

誕生日:11月1日。AB型 140cm

高飛車なお嬢様タイプの性格なでこすけ。実は蝶庶民である。

また、このアニメ最大の被害者である。なぜならば小学生なのに百合キャラなのであるからだ。確かに登場人物は18歳以上の法則に基づけば、別段たいしたことではない。しかし、このアニメはその法則が通用しないのだ。

司に様をつけて常に接し、挙句の果てに相合傘を描くなど司にぞっこんである。一方、真琴とは口争いが絶えない。しかし見方によっては、真琴×杏莉とも見える。さらに司を交えた三角関係にも発展できそうである。このように見えた人は眼が腐ってます。眼科に行きましょう。