破瓜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「破瓜」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「破瓜」の記事を執筆しています。

破瓜(はか)とは初夏の季語。同じように用いられる季語に「新鉢」などがある。

概要[編集]

瓜科の植物は多くが夏に旬を迎える[1]為、瓜類全般は晩夏の季語になっている。そんな瓜は所謂「走り」の時期には、「長い沈黙を破って今年も実を付けた」という意味で「破瓜」と呼ばれており、それがそのまま初夏の季語となったと言われている。

類義の季語である「新鉢」は江戸寛政年間に作られた「新しい鉢を使い始める日」を季語として取り込んだもの。江戸時代には殆どのものは「一生もの」であり補修を繰り返しながら何十年も使うのが普通だったが、食器に関しては衛生上の懸念から「なるべく新しいものを使おう」と公儀が呼び掛けることになったのである。

しかし質素倹約を美徳とする町民文化の中では「新しいものを出す」というのが贅沢に思われ良くないとされ、「新鉢を割る」という言い回しが流行したという記述が残っている[2]

歴史[編集]

江戸時代には初物を珍重する文化が根付いた事で破瓜も盛んに出回ったが、あまりにも季節を先取りしようとするあまり促成栽培[3]の瓜が高価で取引されるようになってしまい何度も禁令を出されている。そのせいもあって現在でも破瓜は人目を憚って楽しむものとして伝わっており、街中で迂闊に破瓜の話をしたりすると顰蹙を買うことになるだろう[要出典][誰に?]

現代において破瓜は季語として詠まれる事は少なく、若者同士の人間関係を瓜に例えて語る言葉として使われる事が多い。基本的には男女関係の中だが、女性同士でも破瓜に例えられる事もありその意味合いは語源とは大きく変化しつつある[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 胡瓜西瓜、冬瓜など。冬瓜は「夏が旬で、冬まで保存がきく瓜」という意味で付けられた名前。
  2. ^ 当事の江戸川柳には、新しい鉢を出す喜びを「新鉢を 割って喜ぶ 御釈迦様」と詠んでいる。
  3. ^ 燃やし物と呼ばれ、瓜畑の周囲を雨障子で囲った中で火を焚いて強引に成長を促すもの。茄子や桃などでも行われ、「諸物価高騰を招く」として明治中期まで禁止され続けていた。

関連項目[編集]

この項目「破瓜」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。