社会民主主義

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「社会民主主義」の項目を執筆しています。

社会民主主義(英:Social democracy)とは、資本主義民主主義に極限まで妥協した社会主義のことである。基本的には民主的な資本主義政治を行いながら、しれっと社会主義的な政策を取り入れるというどっちつかずな政治を主としている。ソビエト末期から信仰心低めな社会主義者が資本主義社会で生き残るためだけに唱えられていたが、近年においてはEUだけでなく、日本民主党などが実行している政治思想までになり、社会民主を名乗る政党が集う愛好会まで催されている。

概要[編集]

19世紀末期に唱えられ始めた思想だが、21世紀と同じように独裁政治における弊害を回避して妥協的な政治をしようというのが社会民主主義の全体像である。

そういえば理想的に感じるのであるが、実際には民主的な政治を不本意ながら行い、様々な政策に社会主義を盛り込むということである。また社会主義という言葉を出さずに、一貫して民主主義と名乗ることも多い。このような妥協が過ぎるやり方には中核派などからの反発も大きいが、社会主義の”社会的な”浸透に多大な貢献をしていることに変わりはない。

ただ共産主義をゴリゴリに訴えていた政党が唐突に民主党などと名乗るケースが後を立たず、より政治を判断するのが難しくなっている。社会民主主義の出生地である欧州では、このような状況が続いて国民の政治観が大きく麻痺されてしまい、資本主義社会主義という分類は有名無実化し、民主主義極右とに分類するようになった。

基本的に社会民主主義の本場はEUであり、周辺地域(アジア、アフリカ)が欧州の真似事を始めるのもそのためである。

社会主義インターナショナル[編集]

民主主義の猫をかぶる社会主義政党の寄せ集めも存在する。一応民主主義なので、民主主義の発生地たであるブリアニア島 に本部があり、我々の想像を超える内輪ノリと過度の協力関係が散見される。特に幅を利かせているのが英国独逸である。

英国には労働党という一大政党もあり、資本主義と民主主義の聖地であるために、イギリス労働党の影響力は大である。イギリスはインドやオーストラリアやアメリカやカナダというように世界的にも未だ多くの国を従えており、人脈における社会民主主義の拡散を行う。ただそれは労働党の話で、保守党は脱亜論ならぬ脱欧論を唱えてイギリス自体をEUを離脱させるなど、労働党の肩幅は狭まりつつある。

独逸は経済規模がある上に、先進国の中でも社会民主主義による支配が確立した国である。基本的に独逸は技術や経済においての社会民主主義の波及を行なっており、特にヨーロッパ諸国における影響力を強めて基盤を盤石としている。

また各国の社会民主主義政党は互いに例外なく交流が行われており、日本代表として加盟している社民党も、国内政党より韓国や欧州のような海外政党により深く癒着している。なお未だ社会主義アレルギーが強いアメリカを拠点とする民主党(アメリカ)は加盟していない。

世界各国[編集]

北欧[編集]

北欧モデル」という言葉に代表されるように、スウェーデンを中心として北欧は世界トップクラスの社会民主主義国家である。

周辺諸国からのイメージで、税金が高すぎるというものがあるが本当にその通りで、還元率は日本の10倍にもなる。基本的に税金で経済を回し、社会福祉は完全に国有化。スポティファイとイケアを二大国営企業として展開し、利益を人口9割の公務員がガッポガッポという感じである。(ちなみに残り1割は無職。)また正統的フェミニストが幅を利かせて、移民も無防備に入れまくることで、社会主義に最も近づいていると言える。日本人も北欧を理想郷のように尊敬しており、なぜか北欧のようになりたがる日本人もなんとも多いこと。

ドイチュラント[編集]

世界的な経済大国であり、世界大戦で丸くなったため社会主義が幅を利かせている。

表向きの最大与党は社会民主党だが、実際には極左政党である緑の党が事実上の最大勢力である。この緑の党は完全な社会主義のもと環境政策を推進しており、それが資源依存を深めているがために社会民主党が何とか機嫌をとって良い加減にするという奇妙なものである。また北欧のような移民政策をメルケル政権が狂信的に進めたことにより、ドイツではメルケル主義とも言われているが、メディアはいたって称賛しているため、ドイツの共産化は日に日に完了しつつある。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]