神奈川大学附属中・高等学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「神奈川大学附属中・高等学校」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

神奈川大学附属中・高等学校(かながわだいがくふぞくちゅう・こうとうがっこう)とは、神奈川県の旭区と緑区の軍事境界線付近に存在する軍事施設である。

概要[編集]

神奈川大学附属中・高等学校は横浜市緑区と旭区の軍事境界線沿いに位置する。中山駅から歩いて正門に向かえば美しい町並みが広がる一方で、鶴ヶ峰駅からバスに向かって南門に向かうと寂れきった団地と公園と称されたベルリンの壁がある。鶴ヶ峰駅から入国する民族であれば、誰しもが「ここは学校の入口か?」や「何故校舎側と南門側で容姿が急変するのか」と言う疑問を抱く訳だが、これは当然ながら緑区及び神大が結託して旭区を滅ぼそうとしているからである[1]

学校の略称は「神大(じんだい)」、「神大附属(じんだいふぞく)」、「KUHS(けいゆうえいちえす)」などがある。

尚、平成最後の生徒の研修において事故による死者が出てしまった。くゎしぃことはぐぅぐるせんせぇかぁたまのかたぃひとにきこぅね。


正史[編集]


各施設[編集]

広い(広い)。一見すると綺麗な校舎や設備のように見えるが、大人の事情でどの教室もしょっちゅう手を加えていてるのではっきり言ってボロい。このボロさは比較的近年に建設された神奈川の県立学校と大変いい勝負ではないだろうか。因みに、神大の施設は、毎年どこかの天井からランダムにドライミストを吹くと言うサービスを行っているが、何故かドライミストの噴出孔付近の通過には制限がかかる。不思議な物である。

1号館[編集]

昇降口やホームルーム教室、職員室がある。環状構造であるために耐震性を無駄にアピールしている他、時代遅れも甚だしいコンクリート敷の中庭も併設されている。

  • コンピューター教室

の部屋と林檎の礼拝堂の2つがある。生徒達はこの部屋で粛清されました


因みに、1号館手前にあるとある銅像付近からは人間には安全な量の高い放射線量が確認されている。何故だろうか。


2号館[編集]

所謂体育館であるが、舞台併設の「第一体育館」、器械運動を行うことが主な「第二体育館」、おまけの第三体育館」があるために非常にややこしい。まあ、気にするのは学校の関係者だけなんだけどね。尚、この施設には他に剣道場、男子更衣室、女子更衣室、トイレ(男女別)と、守衛さんの詰所等がある。

3号館[編集]

取り外し可能な壁を持つ大講義室、図書室、家庭科室(調理室、被服室)、技術教室と会議室等があるが、何故か和室がある。この和室の窓はアルミサッシであり、目の前に広がるのは森林どころかコンクリートとアスファルトである。授業でも用いず、入室する機会は殆ど無いため誰も気にしないのだろう。仮入部時点で訪問することをお勧めする。

4号館[編集]

開校20周年を機に、既存の立派な花壇や階段をぶち壊して作られた最新鋭の物体。正式には校舎としているが、実際は前面がガラス張りであるため、どう見ても電車である。その為、無人在来線爆弾との関連性や、この電車が2、3階建てであることから都知事へのアピールが疑われたが、その様な関係は無いとしている。

プール[編集]

50m×25mの大型プールであるため、水球の試合が可能であり、実際に「水泳競技部」の部員が試合を行うことがある。春先の放課後になるとここから悲鳴が聞こえるそうです。

尚、ここから下の施設にはそこの地下に穴がある。なお、立ち入った者はバキューン!!となり      として粛清されました

陸上競技場[編集]

それなりに立派な400mのトラックとお砂場とグラウンドがある。それだけ。

中学野球場[編集]

端から見れば野原であるが、実はヘリコプターが離発着出来る。神大はセレブにも大変優しい。

テニスコート[編集]

4面の人工芝のコートである。南側にある防風林の影響で雨や雪がなかなか溶けない。地獄。

サッカー・ラグビー場[編集]

開校以来30年以上に渡って領有権争いが続く神大きっての紛争地域。その証拠として神大と神奈川大学の間で呼び名が異なる。なお、ミサイルが飛ぶとこの場所周辺には立ち入り禁止となる。理由は検閲により削除

大学野球場[編集]

神奈川大学による実行支配が続く地域であり、休戦協定が結ばれている。在学生だろうと立ち入りにはビザが必要である。だが野球部は硬式大学野球部に野球を教えて貰う球質が違うのであまり意味無い行事で中に入れる。

クロスカントリーロード[編集]

某楽曲とは全く関係は無い。人から見えにくい区間を延々と走るので、実質的に貨物線である(但し、併用軌道がある)。

特徴[編集]

ここでは神大のにおける文化や風習、特徴を挙げていく。

学生の特徴[編集]

  • 学校当局が、学費の安さを悪用して(ここ重要)広告や高校募集をケチっているせいで、知名度が著しく低い。ゆえに自己紹介が大変面倒である[2]
  • 世間一般から「高校を卒業したら神奈川大学に行くのか」や「高校生活が楽そう」等との先入観を持たれがちだが、基本的に卒業をしても神奈川大学には行かないし、自称進学校故に忙しい[3]

体育大会[編集]

昔あった沢山のごちゃごちゃした複数の大会を一まとめにした大会である。詳しいことは頭の固い人に任せるとして、最後の競技である高校の学年対抗リレーで高3全員が最後のレーンを最後の選手と走る為ぴーうふふと言ったことが起こることなんて言うまでもない。

くすのき祭[編集]

くそのき祭と呼ばれている程の素晴らしい評判であり、学校主体での内容の事前発表や部活の学校外でのコンテンツ配布や宣伝等は生徒が自主的に行っていないシンプルなイベントである。この「くすのき祭」と言う名称も開校当初は用いていなかった名称である。

立地が立地であり、知名度も低いので中学受験界隈や卒業生等の学校関係者を除いての来客は少ない。他にも、SNSでも話題ならないことが原因で世間的に存在しないものとして扱われがちである。

毎年9月末にやります。お願いだから来てください。マジで。


合唱コンクール[編集]

中学一年生から中学三年生まで行う多少豪華な行事である。また多数の人間と涙腺と学級の崩壊が起こる場所としても有名である。だってあれだよ?合唱コンガチ勢が優勝出来なかっただけでぴーしてバキューン!!もしてクラスのムードがヤバくなって結局終わったんだよ?まあそいつは粛清されましたまぁ、詳しくは魔の問題児学級33期を見れば分かうわなにをするやめr

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。


部活動[編集]

神大は歴史的に見ても新しい学校だが、運動部、文化部の総称が運動部学芸部と言う異様な拘りを見せている。素直に文化部と言えば良いのに。

ここで全部の部活を書くのも面倒なので名前と活動が一致しない部活等を中心に記述する。

  • 音楽部…そのネーミングからして軽音楽部を連想するが、この部活はまさかのオーケストラを主軸として活動している。当然だがゆるさなんて存在しない。
  • 水泳競技部…やることは水球のみである。単に泳ぐだけと思ったら大違いだ。
  • 放送部…開校当初から存在し、学校の放送や広報事業の中核を担う…はずだったが廃部した。その後学校の生徒会に引き取られ―と思いきや当初から生徒会に「放送委員会」が存在したらしく謎の多かった部活であった。
  • クイズ研究部なんて言うものは無い


社会問題[編集]

神大は知名度は低いがぴー      がみんなあれなので社会問題は存在する。

南北問題[編集]

南門付近の風景

前述の通り、神大を正門から見れば大変美しい景色を見ながら当校出来る訳だが南門から見るとそれはもう恐ろしい程の田舎っぷりに驚くだろう。理由は簡単で、緑区の美しい発展を誓った横浜市や神奈川県が結託し、この旭区のド田舎っぷりを隠蔽するように仕向けたからである。更に、相鉄バスも共犯者の一人であり、鶴ヶ峰駅からやって来る大型車の通行をしないと言う程の陰湿っぷりを見せている。[4]そして、神大も共犯者の一人である。神大は、鉄道による遅刻に対しては大変柔軟に対応するが、旭11が走行する区間の道路渋滞による遅れに対しては見過ごし、容赦なく単位を落とす。これによって単位を落とした生徒がいたとかいないとか。

しかし、最近になって相鉄バスがこの軍事境界線を走行出来るバスを用意し、南北の人民の往来をしやすくしたためにこの戦争は収束を迎えつつある。[5]

グリーンライン問題[編集]

横浜市営地下鉄(現在のグリーンライン)を新規に建設させる際、偉い人が「横浜市民が田園都市線を経由して市内を移動しないといけないだなんてけしからん!あそこの愚民と交わらせると風紀が乱れる!」と考え、建設を始めた。しかし、中山駅から(現在の)森の台へ直進して鶴ヶ峰(現在の計画では二俣川)駅へ延伸しようとすると、かの憎き神奈川大学の施設にぶつかってしまう。かつての敵に塩を送ることを渋ることを決めた偉い人は、「取り敢えず中山からの線路の延伸はやんねぇわ!すまんの!」とぬかしてしまう。[6]

このことにより、神大へ向かう際には中山駅からの徒歩または横浜市営バス(日中は相鉄バスも)の森の台小学校入口からの徒歩、鶴ヶ峰駅から相鉄バス旭11系統西ひかりが丘停留所までのバス利用からの徒歩が今もなお強いられている。

神大出身の有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 実際に南門周辺の地域は複数の公園によって封鎖されており、「不便」と言う名の制裁をし続けている。
  2. ^ その為、本来学校のお膝元であるはずの鶴ヶ峰駅周辺ですら認知されないこともある。
  3. ^ それでも信じないのであるならばここここを参照してもらいたい。
  4. ^ 但し、横浜市交通局の大型車に関しては何故か神大の前の道を通過出来た。謎は深まるばかりである。
  5. ^ それでも毎時0.5本であり、神大の朝の始業に間に合わないような時刻に始発便があるために相鉄バスも共犯者の1人であると言う説がある。
  6. ^ それ以前に、この近辺の輸送は相鉄バスや神奈川中央交通に依存し、両者の路線は共に利用者が多い。故に、実際にこの延伸計画を実現する為には、既存のグリーンラインの区間とは異なる経済的な問題も解決する必要がある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神奈川大学附属中・高等学校」の項目を執筆しています。


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
神奈川大学附属中・高等学校の執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)