神奈川県立横浜翠嵐高等学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神奈川県立横浜翠嵐高等学校」の項目を執筆しています。
滑り台

もしかして: 横浜翠陵高校

神奈川県立横浜翠嵐高等学校(しゅいらんほいくえん)とは、横浜駅から長い長い坂を登った果てにある保育園のことである。略称は衰乱翠嵐。

概要[編集]

世間的には進学指導が凄いほいくえんとして有名である。自称県下の翠嵐。あとは体育祭で1年男子が突如として女装して踊りだすのが有名。通称可愛子と呼ばれる。決して可愛い子ではない。むしろそうであってほしい。

男女比は7:3くらいで収まっている。ただし、理系に進むと2,3年生は男女比は8:2くらいになり、男子も女子も大体陰キャである。そしてその理系の方が多いというんだから大変である。

一応定時制もある。はっきり言ってこのレベルの学校にあるのはいろいろ邪魔である。全日制が掃除しても定時制が汚して帰るといったことはよくある。逆に定時制園児の方も、わざわざ夕方から山登りしてまで通うのもめんどくさいと思っているだろう。全日制の影響からか、定時制にまで陰キャっぽいのもちらほらいる。

校訓は大平凡主義であるが、入試で面接が終われば二度と使うことはない。そもそもほとんどの園児は大平凡主義が何なのか、いまいちよくわかっていない。校章のデザインが大平凡であることは確かであり、その証拠にWikipediaにおけるこの項目は翠嵐の校章が参考画像に抜擢されている。

特徴[編集]

知名度[編集]

「神奈川県では有名」に過ぎない。よく見かけるのは教育業界だろうか。県外の人にはよく私立校と間違えられる。神奈川県でも横浜翠陵高校と間違われることもある。むしろ湘南高校の方がネーミング故か有名。知名度からするに翠嵐自体そもそも陰キャなのである。クイズがまあまあ強豪であるようなので、一般人が目にするとすればたまにテレビに出ていたりするのを見る程度だろう。活躍まで行ったところは見たことがない。

進路指導[編集]

覚悟を持たずに入学しても安心して卒業できる

あたかも神奈川県1位かのように威張っているが、実際は慶應義塾高校,慶應義塾湘南藤沢高等部に次いで偏差値ランキングでは3位である。東大合格者数では聖光学院栄光学園浅野高校の次であり、あくまで神奈川県公立保育園でトップにしか過ぎない。陰キャはおとなしくひっこんっでいるべきである。

進路集会年間5回くらい、保護者向けの進路説明会を含めればさらに多く行われ、無駄に凝ったスライドで無駄に洗練された無駄のない無駄なプレゼンが繰り広げられる。しかし、真面目に受けているのは陰キャの中でもお勉強しかすることがないトップレベルの陰キャだけであり、ほとんどの園児は次の日には忘れている。定期テスト最終日に行われることが多いため、早弁勢は食べる時間がなかったから早く終わらないかなーとしか考えていない。 数々のパワーワードを生み出しており、しばしば校内でネタにされる。「翠嵐ぐんぐんのびるくん」「目標は高く²」「勉強のテトリス」「翠嵐カーブ」など。あと、進路の7割は1年生で決まるが口癖。どうみても自称進学校。

東大進学者数は20~30人くらいであるが、現役で受かるのは一部の陰キャと元々頭のいいやつぐらいである。浪人生がまあまあ多いため駿台横浜校、河合塾横浜校は後述の翠嵐0年生にちなんで翠嵐4年生と言われる。センター失敗して地方旧帝大や早慶に流れるのが一般的であり、普通にMARCHもいる。なお、結果的に一番進学者が多いのは翠嵐から徒歩20分の横浜国立大学である。

知層
翠嵐には地学の授業はない(地学準備室はある)にもかかわらず、なぜか地層をモチーフに作られた学習時間記録用紙である。学習時間が平日で学年+2時間、休日は学年+4時間がノルマとなっている。なお、バカ真面目にやるのは結局お勉強しかできない陰キャの中の数人だけであり、大半の園児は「偽装」を提出する。これに対し教師側が、偽装を提出するのは衰乱生だと進路集会で批判しても効果は見られていない。
翠嵐0年生
入学が決まった中学3年生の入学式までの時期のことである。学習時間を平日で0+2時間、休日は0+4時間とするための呼び名である。調子に乗ると、3年0学期とか言い出して学習時間を増やそうとする。前期・後期制なのに0学期はおかしいのではないかと突っ込んでも、先生は聞いてくれない。

授業[編集]

授業は至って平凡である。進路指導に力を入れているといっても、特別な形式の授業があるわけでもなく、IT教育に力を入れているわけでもない。こんなのところで大平凡主義を遵守しても仕方ないというのに。なお、95分授業と紹介されがちだが、45分授業の方が多いし、95分授業であってもほとんどの授業は途中で休憩を入れる。休憩を入れない先生の場合はだいたい陰で嫌われる。まあ陰キャばかりだから、陰もくそもないのだが。

数学
ほかの教科よりほんのちょっと力を入れている印象がある。教科書代わりにz会のアドバンスト、問題集は4STEPでも青チャートでもなくFocus Gold(通称FG)が採用されている。これにより、分厚いFGを分解する者、枕にして寝る者、枕といったらやっぱり赤本だろという者が発生する。
英語
物量で圧倒するスタイルの授業をする。やれ四技能教育だとか言ってとにかくいろいろテキストを買わせる。昔は学生が嫌うDUO3.0が単語帳として愛用されていたが、徐々に変化している。桐原書店の参考書が多いのは相変わらずである。あと定期テストを時間内に解かせる気がまるでない。
国語
教科書を重んじ、教科書を崇める、どこにでもあるスタイルの授業をする。むしろ、教科書より難しいことを聞いてくる。古文の助動詞と敬語のテストで追追追追追追追追試くらいまで行くやつが毎年いる。1年生は国語総合、2年生は現代文と古典、3年生は現代文と古文と漢文に分かれるが、だれも気付いていない。あと定期テストを時間内に解かせる気がまるでない。
理科
1年で物理基礎と生物基礎を習い、2年で文系は化学基礎、理系は化学基礎・化学および物理または生物を習う。3年は文系が生物基礎と化学基礎、理系は探求化学と探求物理または探求生物となる。1年の物理基礎ができるかできないかで大体文理が決まる。理系の2年生は週5単位化学になるため、定期テスト範囲がえらいこっちゃになる。3年になってなぜか探求の文字が付くが、だれも気付いていない。地学の授業がないのに地学準備室があるのは翠嵐七不思議のうちの1つである。
社会
1年で地理Bと現代社会、2年で世界史日本史、3年で文系は地理と世界史または日本史、理系は地理を習う。3年では、倫理・政経を取ることもできるが、他の科目は授業がないため自習となる。1年の現代社会は入試で使う人もおらず、堅苦しい話しかしないため、園児の90%は寝ている。残りの10%は内職している。理系の2年生の世界史と日本史は入試で使う人もおらず、堅苦しい話しかしないため、園児の90%は寝ている。残りの10%は内職している。文系の3年生の世界史は進学校ともあるのに入試までに全範囲終わらないので、大体予備校様のお世話になるか、1教科捨てることになる。

交流[編集]

軍事同盟を結んでいる亜米利加への協力として、例年6月にはエレノア・ルーズベルト高校(通称ルー校、ルー大柴とは一切関係ない)の生徒が翠嵐保育園を訪問する。また例年3月に、翠嵐の中では数少ないコミュ力のある人間がエレノア・ルーズベルト高校を訪問する。たいていの先生は英語が話せないため、ルー校生が訪問してきたときは日本語で押し切ったり英語ではないなにかで授業をする。英語が話せる先生の場合大半の園児は置いていかれる。やめてほしい。

校歌[編集]

歌詞の冒頭、美なりや翠嵐から学校名が付いたらしい。美なりやといえば校歌のことである。歌詞は少なくとも日本語ではないので意味は誰も知らない。また、美術クラスの人は1回たりとも習わないので歌えない。音楽クラスの人も1~2回しか習わないので歌えない。少なくとも歌詞は覚えていない。結局意味は分からないし誰も歌えないのである。しかも、楽譜にはクレシェンドとデクレシェンドがこれでもかというくらい常に付いているので、難易度も高い。どんな感じの校歌か一言でいえばダサいの3文字である。無駄に凝った混声四部編曲版の存在を知る者は今やいない。

チャイム[編集]

95分間隔で駅の発車メロディーが流れる。これを聞いて横浜駅の電車が動き出す。そのため、横浜駅にも翠嵐の放送コードがつながっている。また、間の45分に小さなチャイムが鳴るのはまもなく電車が到着しますのアナウンス開始である。

施設[編集]

校舎[編集]

横浜駅から徒歩圏内とは謳っているものの、歩いて行くには25時間もの時間坂道を登らなければならない。その結果、坂道グループのファンが増殖したのは言うまでもない。着いた頃には、まわりに大都会横浜の雰囲気はほとんどなく、住宅街と表現するのが適切である。陰キャは都会に合わないのでちょうどいいのかもしれない。なお、ホームページやパンフレットには徒歩20時間などと書かれているかもしれないが、それは帰りの話であり、さらに言えば駅の敷地に入るのが20時間である。歩くのが早くても電車を降りてから25時間、道がわからない人は35時間は見越しておいたほうがいい。一応バスがあるのだが、ケチな学生が多いからか陰キャのくせに歩いて登校する園児がまあまあいる。どうやらバスに乗るのは可愛い子じゃないと甘えのようだ。

高い地下鉄の定期代を払って三ッ沢下町駅からやってくる園児は「下町勢」と呼ばれる。こっちは徒歩12時間と時間は短くなるが、坂はさらに急になる。最新の計測によると、傾斜およそ60°であったそうだ。120°の間違いではないかという説もある。横浜駅直前の人混みに耐えられない陰キャは、三ッ沢上町で辞退する者もいる。あとほんの少し、東横の各停に乗れる民が反町駅からやってくる。人混みがなくなったこと以外横浜駅とほぼ変わらない。地下鉄じゃないのに世界レベルで駅が深いので初見さんは注意。


廃墟ではなく部室棟である。

校舎は職員室のある1棟、普通の教室のある2棟、特別教室のある3棟および体育館、武道場、部室棟、演劇部の奇声発生小屋、吹奏楽部の溜まり小屋、水泳部のたまり場から成る。基本的に造りは古い。よく比較対象になる東京学芸大学附属高校とまではいかないが、それでも古いほうである。部室棟はさらに古く、建築基準法かなんかで建て替えられないから放置してるとかなんとか。トイレの改修工事だけしたため、トイレだけ異世界空間が流れているが、それも時間の問題である。また、校舎全体が1°傾いているため物理の実験では誤差が必ず出る。そのくせ、それを校舎のせいにしてレポートを書くと成績を下げる教師がいる。

耐震性に関しては、正門側から見える1棟だけ補強がされており、教職員は職員室が守られるのをいいことに勝利のVなどと供述している。しかし、大地震が起こったら、校舎丸々崩れるから変わらないとの意見が有力である。新しくしたトイレだけ残るとの見解もある。

翠泉[編集]

1棟と2棟の間に泉とは名ばかりの池がある。毎年何人か落ちている。「池の水全部抜く」が行われたことがあり、ある生物教師をとても怒らせたという。

食堂[編集]

よく言えば昔ながらの、悪く言えば古びた学生食堂がある。かつては会計のババア女帝様がお釣りの勘定をよく間違えるので、複雑な額にすると格安にできたが、その影響か券売機を導入してしまった。バイトのしていない翠嵐生たちもこれには手も足も出ず、おとなしく小遣いを削るか学食に行くのを我慢することになった。

ファミリーマート[編集]

かつて徒歩3分のところに、無駄に長くお辞儀をする店長のいるファミリーマート三ツ沢公園店があったが、2019年3月31日をもって閉店してしまった。残っているのは週末に来るあげぱんやさんくらいである。現在はファミリーマートといえばファミリーマート横浜沢渡店を指す。売り上げの8割を翠嵐生が貢献している。

まいばす[編集]

普通まいばすけっと横浜沢渡公園前店のこと。食べ歩きが面倒な翠嵐生がイートインしに行くときに使う。一応、下町と上町の間あたりに1店舗、横浜国立大との間あたりにもう1店舗ある。前者は下町勢がたまに行くが後者は陸上部にしか知られていない。

三ッ沢公園[編集]

徒歩5分という場所に野球場、サッカーコート、陸上競技場、テニスコート、しかいない動物園などを備えた運動公園がある。だいたい屋根がないので雨が降ると悲惨。学校行事の時は公共交通機関を使えって書いてんのに悪い親はここの駐車場に止める。

駿台予備校横浜校[編集]

理由は謎だが、翠嵐の教師陣は駿台の講師と仲が良く、内部でコネを回して金儲けしている。儲けた金は正門前の遊具の維持費につぎ込まれる。入試休み期間中は駿台が自習室を貸す代わりに模試を受けさせる。他にも駿台模試を多く取り入れ、決して河合や東進の模試は使わない。予備校のくせに外観がケバい。

入試制度[編集]

定員の90%を第一次選考、残りの10%を第二次選考として選抜する。

第一次選考では 内申:入試:特色検査:面接=2:6:2:2

第二次選考では 内申:入試:特色検査:面接=0:8:2:2

と入試の学力検査が重視されている。 内申点ははっきり言って100/135以上あればほとんど関係ない。90/135でも受かるやつは受かる。内申大好き中学の先生に騙されないように。 その代わり入試は420/500は最低でも必要である。合格者平均は450/500くらい。毎年490/500みたいなやつが数人いる。なんでこんな辺鄙なところに来るんだ…。 特色検査は配点は低いが差が付きやすい。それでも10点くらいで受かるやつもいれば、満点を出すやつもいる。あと、塾界隈では対策講座みたいなことをやっているがほとんど意味はない。 面接は普通にやってもテキトーにやっても一生懸命やっても基本92点である。たまに、なんでこいつが?ってやつが94点とか出してる。入力ミス説もある。なんで、私が翠嵐に!?

ほとんどの年で県内最高の倍率であるが、2017年度は新城高校に次いで2位であった。負けるのが湘南ならまだしも新城とはたまげたものである。また、入試に来る際は、大きめの鞄にすることを勧める。大量の塾の勧誘パンフレットを無条件に渡されるからだ。結局みんな駿台河合に行くのに…

特色検査問題[編集]

2012年度までは独自入試という形がとられていたが、2013年度から特色検査という形で規模が縮小した。また、2018年度までは各校で問題を作成していたが、2019年度からは教育委員会作成の共通問題および、共通選択問題から出題されている。これを受けて特色検査は易化傾向である。普通に差がつかないからやめてほしい。 2016年度入試まではそこそこの英文があるにもかかわらず、英単語の注釈が最後のページにアルファベット順に並べられていた。はっきり言って嫌がらせである。 出題傾向は、国英の長文、数学のパズル系問題、意味わかんない音楽の和音の問題などさまざまである。教育委員会作成の問題からは変な問題はなくなったと思うが、過去問を回すときは注意。

カースト制度[編集]

  • ダンス部
    カーストの最上部、ヒエラルキーの頂点である。陰キャの多い翠嵐でもここには存在しない。行事でキャーキャー言われてんのもインスタでキャーキャー言われてんのも大体この層である。
  • 花鳥風月
    男子の形式上最上部。腕をクルクルさせたり、足をくねくねさせるのが得意な人たちの集いである。ただし、米津玄師とは違うベクトルである。仮面集団アノニマスと関わっている恐れがあるとして警戒されている。事実上のカースト最上部はダンス部の彼氏である。
  • テニス
    顔が良ければカースト上部、悪ければ陰キャとはっきりしている。大学行ってもパリピしてんのはこいつら。
  • サッカー
    事実上の最上部に最もなり易い人たちである。なれなかった人間は田島なりなんなりネタキャラとして生きていくことになる。
  • 水泳
    腕をクルクルさせたり、足をくねくねさせる練習ばっかりして、カースト上部に行く者が多い。センスがないと1人で泳いでいることになる。
  • その他
    陸上競技部、ハンドボール部、バスケットボール部、バドミントン部あたりはわりとクリーンである。あとは、もうよくわかんない集団である。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

行事[編集]

翠翔祭[編集]

毎年6月半ばごろ、土日に行われる文化祭である。バスの数の2乗に比例して人が増えるため、つねにバスは満員である。混んでるバスを降りた後、換金所を通過するためまた並ばなければならない。頭はいいけど頭が悪いようである。

スイーツを売ると基本すぐ売り切れる。1日目に数十分で売り切って遊んでいた年もある。頭がいいのか固いのか、脱出ゲームとか作ると無駄に難しくしがちである。大衆向けの食販あたりが無難である。ダンス部の発表の際には小池百合子氏涙目の密状態になる。興味のない陰キャ以外は体育館に集まるので外は閑散とする。あとは、Miss.Mr.コンテストが行われるが、選出はサッカー部の好みであり、内部圧力によって順位が決定する。

体育祭[編集]

毎年九月半ばごろ行われる。仮装大会のようで仮装大会でない。基本的に翠翔祭よりも力の入れ方が大きい。幹部と呼ばれるカースト上位集団および四人の野球部を中心に活動し、実行委員会によって運営される。誕生日によって緑、紅、黄、白に分けられるため、ほとんどは夏生まれの紅組の優勝であり4年に一度くらい春生まれの緑組、10年に一度くらい秋生まれの黄組が優勝する。え?白組?おっとだれか来たようだ。

可愛子[編集]

そろそろ昼食時かと思った頃に1年男子が狂気として女装姿で踊り出し、かと思えば厨二感満載の衣装の男子が腕をクルクル回しだす。前者は「カワイイ」後者は「カッコイイ」と呼ばれ名物となっている。いろんな意味で女子からキャーキャー言われる。この時に前に居たか、後ろに居たかでその後のヒエラルキーの半分が決まる

毎年白組ではなく青組ではないかとの議論が上がる。校長も青組といっているのだから青組との説が有力なようだ。交渉の結果、次最下位を取ったら青組といわれて議論は終了するが、その後、5000兆回は最下位を取っているのにいまだに白組だと主張勢力が存在する。

やめて!ミゲルの翼神竜の特殊能力で、クリスタル・ケイを焼き払われたら、闇のプラクティスでモンスターと繋がってる白組の精神まで燃え尽きちゃう!

お願い、死なないで白組!あんたが今ここで倒れたら、衣装さんやメスタとの約束はどうなっちゃうの? ライフはまだ残ってる。ここを耐えれば、紅組に勝てるんだから!

次回、白組死す!トゥエルスタンバイ!

女子応援[編集]

1年男子が躍って時間を割かれる分、暇だからか1年女子も踊るのが通例である。カースト最上位の3年生によって指揮がとられ、バックに幹部も混ざる。

教師像[編集]

狂気と化すのが生徒だけかと思えば、先生も狂気と化し、映画現実を履き違えた衣装で踊りだす。中には落武者として殿堂入りした先生もいる。

パネル[編集]

受験を控えた3年生がわざわざ夏休みに坂の上の学校まで来て無駄にデカい絵を作る。だいたいの原因は幹部の圧力である。何Paかは測定不能。

その他[編集]

新東海道中膝栗毛、急がば回れ、竹取物語など名前からでは内容がわからない競技が多い。毎年リレーは最後に行われるが、始める前から結果が大体わかるので、その通りに事が運ぶと1位は嫌われる。

翠嵐の体育祭を知らない人へ[編集]

もう少し真面目に書こう。通例昼食前に「可愛子」という一年生男子がダンスをして点数を競う種目がある。それだけならいいのだが、現在ではほぼ半数は女装をして踊る。これをやる人を「カワイイ」(イントネーションは業界用語っぽい感じ)と呼ぶ。しかも曲もかなりヲタクが深夜にいつも見ているような曲である。当然振付はぶりっこ女子のようなものであり、演技中は内股笑顔が鉄則である。当日はすね毛まで剃るという徹底ぶりである。加えて、もともとはほぼ全員が女装していたようなのだが、最近のご時世的なものの影響か半数は「カッコイイ」(イントネーションは業k(ry))と呼ばれる、アニメ映画ゲームなどをモチーフにしたまあまあかっこいい衣装を着て踊る。カワイイ、カッコイイともに上手い順にAメイン、Bメイン、Cメイン、組によってはDメインに分けられ、Aに行くほど振付は難しく、出番が多い。カッコイイのAメイン・Bメインは特に難しく、ロックダンスでよく用いられる「トゥエル(をロックダンスよりもっと腕をクルクル回すようにアレンジしたもの)」などいろいろな技も入れる。また、カワイイ、カッコイイのメインに入れなかった人は「劇メイン」としてダンスの合間に行われるに出番がある。色ごとにテーマを決めてそれに即する形で劇、衣装が作られる。本来、踊りも即するべきだが、ダンスに適しているかどうかの方が優先されがちである。また、例年野球部は練習時間が取れないことからか、主役を回されることが多いが、それ以外の劇メインはかなり出番が少なくなる。なお、劇メインであってもバックダンスは踊り、カワイイ・カッコイイであっても互いのバックダンスは踊る。要するにメインになると前に出ることが多くなるということである。だから何と思うかもしれないがそれによってスクールカースト

カッコイイA,Bメイン>カワイイA,Bメイン≧C,Dメイン>劇メイン

の順に自然となる。別に強制されてるわけではないが、大体この順になる。(顔がよっぽどいいやつは別)

練習は体育祭の終わった6月ごろから始まり、主に昼休みや部活のない日の放課後夏休み、直前はなども使って行われる。振付等は二年生の昨年AメインやBメインなどであった「スタッフ」(イントネーションは業k(ry))が自分たちで考えて教えるため、教師は一切かかわらない。また、カワイイの振付には「メインスタッフ(通称メスタ)」と呼ばれる各色二年女子四人も参加する。メスタの選考はなぜか各部活につき一人となっている。メスタの仕事はほぼ雑用に近いが、メスタになるとスクールカースト上位になれるため、毎年就活のごとく形式上面接が開かれる。実際は男子のスタッフが決めるため9割顔で決まる。また、衣装はすべて二年生女子の「衣装/衣装さん」(イントネーションは業k(ry))と呼ばれる人たちが作る。直前は徹夜になるとかならないとか。また、語弊の無いようにに言えば、これらはすべて強制力はない。可愛子も本当にやりたくなければ毎年数人やらないやつもいる。どんな陰キャでもカッコイイのCか劇メインには入れてくれるので、よっぽどでない限り普通参加するが、休み時間を削られるのが本気で嫌な人はやらない選択肢がないわけではない。衣装も有志によって行われるため、人数が少ないと一人当たりの負荷が大きくなる。

二年生がスタッフ決定、メスタ募集、テーマの決定、演技曲の決定、劇の脚本、音源作成、振付作成、練習、衣装作成と一年弱かけて行い、一年生は素人でありながら数か月でかなりの完成度に仕上げるため名物競技となっている。教員によって投票で順位が付けられ、総合点数に大きく加算される。

一年生女子はどうするのかといえば、通例最初の種目の前に行われる「女子応援」と呼ばれるダンスをする。ボンボンを持っているが、いたって普通のダンスである。可愛子と違い点数にはならないため、力の入れ方には大きく差がある。振付は各色三年女子四人(こっちは部活ごとの制限はない)によって教えられ、当日は前に出て踊る。なるとカースト上位に行けるというよりかは、カースト上位の人がなるという感じである。


著名な卒業生[編集]

いねぇ  BSで特集されてた時に出てた夜回り先生って誰やねん

関連項目[編集]


この項目「神奈川県立横浜翠嵐高等学校」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)