神奈川県立湘南台高等学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神奈川県立湘南台高等学校」の項目を執筆しています。

神奈川県立湘南台高等学校(かながわけんりつ しょうなんだいこうとうがっこう)は、吹奏楽部のジャンル変更をきっかけに地位を確立した神奈川県藤沢市の県立高校である。

概観[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神奈川県立湘南高等学校」の項目を執筆しています。

神奈川県で公立中学校卒業者に対する高校の進学機会を確保するために行われた高校百校新設計画の一環で1985年に設立された県立高校の1つである。しかし、同じ藤沢市に全国有数の進学校であった神奈川県立湘南高等学校が長らく君臨していたため、設立後しばらくは「湘南高校のそっくりさん」「湘南台高校に通ってると親戚に話したら『湘南高校か!凄いね』と言われて何も言えなかった」「湘南台地域の名前負けの象徴」などと散々な言われようであった。後発の学校によくある姿である。

校則は女子生徒の化粧やピアスを禁ずるなど県立校としては厳しい部類であるが、鎌倉学園を始めとした藤沢近辺の私立高校と比べると特筆するようなレベルではなく、部活動でもこれと言った実績はしばらく出てこなかった。学業では対外活動を単位認定可能とするなどユニークな制度を取り入れていたが、その制度が神奈川県の中で話題になる事はなく、20世紀の間は特筆すべきところのない地味な県立高校の1つであった。

その湘南台高校は、弱小部であった吹奏楽部のジャンル変更をきっかけに状況が少しずつ変わっていく。

部活動[編集]

マーチングバンド(吹奏楽部)[編集]

1998年、当時吹奏楽部の顧問であった羽場弘之教諭は赴任当時3人しか居なかった部員を25人にまで増やし、細々と吹奏楽コンクールに出続けるなどの実績を挙げていたが、部の将来に限界を感じたことから「知らない人でもやってみたいと思える魅力を持っている」というマーチングバンドにジャンル替えを決意し、吹奏楽の名前は残しつつ部名を「湘南台高校吹奏楽部 White Shooting Stars」(略称:湘南台WSS)に変更する。ジャンル替え直後は部員が12人にまで激減したが、残った部員と羽場の尽力により翌1999年からマーチングバンド・バトントワーリング全国大会の地区予選に出始める。その後急激に部員数と実力を増やし、2001年には早くも全国大会出場を成し遂げる。

元々、藤沢周辺は湘南ドルフィンズ・マーチングバンドという小学生向けの団体と、綾北マーキュリーウィンズ座間市少女マーチングバンドという中学生中心の複数の団体が長く活動しており、いずれも全国大会常連レベルの力があるなど、マーチングが活発な地域であった。しかし高校生向けの団体は鵠沼女子高等学校(現鵠沼高等学校)の鼓笛隊しかなく、この団体は全国大会には程遠い位置に居たため受け皿としては不十分であった。神奈川県全体としては関東学院中学校高等学校鎌倉女子大学高等部が全国大会常連校として存在しているが、前者は高校生をほとんど募集しておらず、後者は低偏差値かつアクセスが悪い私立女子高であり進学先としては忌避されがちであった。

そのため、藤沢周辺地域でマーチングバンドを続けてきた小中学生が中学卒業後も楽器演奏活動を続ける場合はYOKOHAMA SCOUTSなど学外の一般団体の門を叩いて大学生や社会人と一緒に活動するという厳しい選択肢を取るか、親元を離れて大洗高等学校(茨城県)や沖縄県立西原高等学校などの神奈川県外の強豪校に行くか、マーチングから離れて進学先の高校の吹奏楽部に入るかの三択しかなかった。

そのような状況で湘南台高校が県立高としてマーチングバンドに参画したことで、藤沢地域のマーチング経験者の大きな受け皿が確立。また県立高である強みを生かし神奈川県の予算(要は税金)を楽器などの機材購入や優秀なインストラクターの招聘に充てられたことで湘南台WSSは短期間で実力を一気に向上。2005年以降は全国大会の常連かつトップクラスのバンドとして君臨するようになり、大会出場10年目となる2008年には145人の超大所帯で初のグランプリを獲得し、湘南台高校の名前が掲げられた文部科学大臣杯が校内に展示されることになった。マイナージャンルとはいえ大臣の名前がある賞状やトロフィーが湘南台高校の校内に掲げられたことと、12人から始まった部活がわずか10年で145人にまで拡大出来たことは同校としては会心の出来事であり、この湘南台WSSの成功体験をきっかけに他の部活動にも力を入れ始めるようになる。

湘南台WSSはマーチング界隈屈指の人気団体にもなり、2013年に日産スタジアムで行われたももいろクローバーZのライブでメドレー曲の演奏担当として抜擢されるなど各方面から出演オファーが殺到。Twitterアカウントのフォロワー数は湘南高校吹奏楽部の5倍にもなり、定期演奏会は藤沢市秋葉台文化体育館というFリーグでも使われる収容人数3000人の会場で2日間も行うにもかかわらず全公演が満員札止めとなる。またマーチング強豪校は全国的に進学先としては難がある高校が多い中、湘南台高校は学業面が底辺レベルではない県立高校であることから、神奈川県内外から入学を画策する中学生も続出。神奈川県の高校入試受験要件をクリアするためにわざわざ神奈川県外から県内の中学校に転校させる事例も出るまでになり[要出典]、2015年には湘南台高校を湘南高校と間違えたり比べたりするような人は出てこなくなった。湘南台WSSは「湘南台の星」とまで言われるようになり、アンサイクロペディアの執筆コンテストでも「湘南台は名前負けしている」と酷評されていた姿からの脱却にも成功した。

一方で、一時期は部員180名を超えるなどあまりにも湘南台WSSの存在が学内で大きくなりすぎてしまい、吹奏楽部優遇を妬む生徒が少なからず出てきたり、在学中に湘南台WSSを退団(吹奏楽部の退部)した生徒が学内で居場所を失い失意のままひきこもりになる事例も散見される[要出典]

また湘南台WSSは藤沢市民まつりJリーグ湘南ベルマーレの試合前イベントなど積極的に地域のイベントにも出演していることから、藤沢地域の住民は10年以上に亘り湘南台WSSの演奏を「馴染みのある吹奏楽演奏」としてインプットしており、他の高校の吹奏楽部の演奏を聴いた時に「あれ?吹奏楽ってこんなに音が出ないものだっけ?」と肩透かしに遭いがちだと言われている

他の部活動[編集]

先述の通り、湘南台WSSの次を作るべく他の部活動の強化にも取り組んでいる。特にダンス部は創部15年目の2011年に全国大会である「全日本高校・大学ダンスフェスティバル」に初出場を果たすなど、強化の結果が出始めている。他にも女子サッカー部を設立しているなど、女子の運動部のほうが活発である。バレーボール部に至っては女子の部しか存在しない。

マーチング大会の出場校が小中学校を中心に年々減っているなどマーチング人口が頭打ちであることから、近い将来「湘南台WSS」のブランド力が対外的に通用しなくなる可能性もある。再び湘南台高校が「湘南高校のそっくりさん」と呼ばれることの無いよう、次の旗艦となる部活動の確立が急がれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この項目「神奈川県立湘南台高等学校」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)