神明神社

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神明神社」の項目を執筆しています。

神明神社(しんめいじんじゃ)とは、お伊勢さんの代わりである。

概要[編集]

ええじゃないかの図。

天照大神(あまてらすおおみかみ)を主祭神[1]として祀っており、伊勢国にある伊勢神宮(三重県伊勢市)を総本社とする神社の総称である。いわゆる「お伊勢参り」の流行(江戸時代ごろ)と共に全国に広まった。

流行[編集]

「♪お陰さまでええじゃないか、一生一度は伊勢参り♪」という俗謡が誰ともなく[2]流行したため俄かに注目を浴びた伊勢神宮ではあるが、いざ出かけるとなると東海道五十三次を延々と歩いて行かねばならず(江戸視点)、正直なところ「かったるい」。しかし、流行りモノが大好きな江戸っ子としては「お伊勢参り」くらいはスマートにこなしておかないとじゃない[要出典]。そこで考えついたのが

「伊勢神宮が遠ければ、近くに分祀すればいいじゃない。」
神明神社 について、マリー・アントワネット

といういかにも江戸っ子らしい手っ取り早く安直な解決策であり、分祀すれば神様は蝋燭の火を分けたように神様がたがそのまま[3]こっちにも(分身して)やって来るのだから、それを「お伊勢さん」と呼べばまさに伊勢参りじゃないか、それでええじゃないか……というアイディアが大ヒット、現代では全国に約5,000社とも18,000社とも言われる「お伊勢さん」すなわち神明神社が建立されたのであった。

経営[編集]

元来、主祭神である天照大神は皇室の氏神であったことから関係者以外の参拝は禁じられていたが、世の中の変遷や大人の事情[4]によりしばしば経営難に陥ったことからそんな贅沢も言っていられなくなり、武士民間人による参拝や縁日興業なども許可されるようになったのであった。かくしてみんなが落として投げて行くお賽銭のお陰で、神明神社は今日も賑やかなのであった。

余談[編集]

熊野信仰の台頭を警戒。

これらの知識を知っていると、ちょっとした神道通を気取ることが出来るかも知れないし、出来ないかも知れない。

  • 神明神社の神使(ミサキ、しんし)はであり、熊野神社八咫烏(ヤタガラス)にライバル意識を燃やしている。早起きは三文の
  • 別名は神明社(しんめいしゃ)、神明宮(しんめいぐう)、皇大神社(こうたいじんじゃ)、天祖神社(てんそじんじゃ)などがあり、これらはすべてズボラな信心深い人々によって建立されたものである。
  • 鳥居の形は「神明鳥居(しんめいとりい)」と呼ばれる様式で、真っ直ぐな木材をそのまま組み上げたような手抜きシンプルデザインである。また、社殿の造りも「神明造(しんめいづくり)」と言って以下同文
  • ちなみに、天照大神は太陽神であるが、じゃあ崇め奉って何のご利益があるのか、について知っている人はあんまりいない。が、誰も気にしない

脚注[編集]

  1. ^ 他の神様をついでに祀ることもある。人間関係とか大変そうである。
  2. ^ 一説には平賀源内が流行らせたと言われているが、実のところは不明である。
  3. ^ 一度祀った神様の中から、特定の神様だけをのけ者には出来ないのである。
  4. ^ 主に皇室権力の衰退

関連項目[編集]