神札

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情錆びないユーモアが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

神札(しんさつ)とは、日本国内で流通していた通貨である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神札」の項目を執筆しています。

概要[編集]

神札とは日本で流通している通貨であり、紙幣のおこりとされている。紙幣がお札(おさつ)と呼ばれるのは神札がお札(おふだ)という別名を持っていたからである。

伊勢神宮にとっては式年遷宮を行うための資金がショートしたときに発行した財政再建の切り札であり、カトリック教会が発行した免罪符に相当するとされているが、神教徒はバラマキ免罪符よりは神通力があると同一視されることを嫌っている。

歴史[編集]

当初の神札は天照皇大神宮自身やその神託を紙に記したものであり、伊勢神宮が神札の発行認可をしていた。神札は神通力が込められた一年間の無病息災が約束されるほどのパワーアイテムであるが、伊勢神宮でしか発行されないために遠方の人にとっては高嶺の花となっていた。そのため価値はぐんぐん上がり、ついには貴金属と同じ価値があると認められ貴金属と交換出来るものとして流通するようになった。そこからは現実の通貨と同じように貴金属との交換をせずとも札自身に価値が生じるようになり、神札は貴族や武将・商人を中心に流通するようになった。

その中でも一番神札によって取引がなされたものは大麻であり、伊勢神宮・神宮本庁の意向によって生産された高品質の大麻は、特に神宮大麻としてブランド価値をつけ、神宮大麻は神札によってのみ交換可能ということになった。大麻を使用するとなんだか幸せな気分になると評判になり、神様に会うことができると大麻使用者は増え続け、大麻と交換出来る神札の価値は一時期貴金属よりも高騰した。神札のインフレは神宮に莫大な利益を及ぼし、一時期は寄付に頼らずとも式年遷宮が出来るほどの富を獲得するに至った。しかし、ぼろもうけはの眷属でもいつまでも出来るわけではなく、大麻の規制強化、紙幣経済の確立によって神札の価値は落ちていき、今では本来の用途であるパワーアイテムとしての需要が一番高く、値段も常識の範囲に落ち着いている。

守札[編集]

守札とは神札を錦で包んだものである。通称お守りと呼ばれている。守札は価値の下がった神札を何とか売りさばこうと考えた神宮が麻袋に神札を入れ、お守りとして売ったことにより誕生した。今では伊勢神宮だけでなく全国津々浦々の神社で売られており、今ではアニメキャラがプリントされたお守りまで発行される始末である。正直効力があるとは思えないが中身が神札と考えれば外見がなんであっても問題はないのかもしれない。

関連項目[編集]