神秘

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「な、何も隠してませにょ」
神秘 について、様様

神秘 (しんぴ) とは、その名の通り秘密である。一般的には、理論や常識を超えた現象などのことであるが、それはただ「人間がバカで無能だからわからないだけ」ということである。

概要[編集]

バベルの塔

一般的に秘密は、ばれたら不利になるような物や事を言うため、実際には神の秘密とは、些細なことでしかない。たとえば「数学のテストで赤点を取った。」とか「実はカツラ。」とか、そういったことで、勝手に人間が秘密のハードルを上げてしまっているために、カミングアウトの機会を逃してしまっている。

オーロラを見て神秘的等と言うのは、「オーロラのような美しいものを神は独り占めしそうだ。」と神を愚弄する行為である。また、虹は風神と雷神の仕事の成果でそれを神秘的等と言うのは「神は他神の仕事を隠して横取りしようとしそうだ。」と神を愚弄する行為である。

神秘の一例[編集]

神は全知全能であり、何も隠すことなどなく、あったとしても人にばれる筈はない。しかし、神にとってその存在が知られていることはいいのであろうか。良くないはずである。よって、貴方が信仰している神は、偽者である。

その他の例[編集]

  • バベルの塔はエロ本を隠そうとして神に壊された。
  • 神様だって双六はしたい。だからサイコロも振る。隠しているわけではないが、人が「神はサイコロを振らない。」なんていうから、どうにも隠しているみたいになっている。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]