禁断の100円ショップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「禁断の100円ショップ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

禁断の100円ショップ(きんだんの‐)とは、依頼料たったの100円で依頼人に代わって殺人をやってくれるアサシン組織である。全世界に点在しているが、見かけは普通の100円ショップと何ら代わりがないため、一般人には見分けが全くつかない玄人向けの店舗。素人にはお勧めできない。

概要[編集]

100円さえ払えば気軽に指名した人間を殺してくれるのだが、ターゲットとなる人間に関してある条件がなければいけない。その条件と言うのは、ターゲットの人間の人物、職業、住居、交流関係、地位などを全て総括した結果、その人間の人間的価値が100円以下の、所謂「人間の屑」でなければならないというものである。

殺人を依頼する際には、依頼書にターゲットについての詳細を悉く記入し、ターゲットの人間価値が100円以下であることを証明しなければならないのである。その上で禁断の100円ショップ査問会が念入りに吟味した末、最終的にそのターゲットの人間的価値が100円以下であると最終決定が下された場合、晴れて暗殺が実行される。

禁断の100円ショップは、条件さえ満たせればたったの100円で気軽に気に入らない奴を始末してくれる便利屋として人気が高い反面、人間に値打ちをつけるという行為が人権を著しく傷つけているとして、人権屋から激しく非難されることが多い。

ちなみに、日本政府がNEETの数を減らす為に、禁断の100円ショップに依頼してNEETを駆逐しているのは有名な話である。 だが、それを知っている人物の中には「あの人もニート程度の奴じゃないのか?禁断の100円ショップに依頼してみようか」等という話も出ていると専らの噂である。

関連項目[編集]

この項目「禁断の100円ショップ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)