秩父

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「秩父地方」の項目を執筆しています。

秩父(ちちぶ)は、日本彩の国さいたまの境界付近にあるといわれる地方。形式上さいたまに属する一地方とされるが、事実上独立状態にあるといわれる、ある意味本当の「地方自治体」である。政府機能は秩父郡大宮町におかれており、領土は大宮町とその周辺の辺境地域からなるとされている。元号は「令和」ではなく、1884年以降から現在まで「自由自治」という、奈良時代以来の四字元号を使い続けている。

秩父の政権は、ミサイルなど高度な兵器の保有を誇示することでさいたまや日本からの事実上の独立を保っているとされる。その軍事優先的な姿勢は各所に見られ、毎年10月の第二日曜日にはミサイル発射実験が行われる上[1]、過去には1884年に猟銃竹槍を持ってさいたまに侵攻を試みたこともある(後述)。

現在、大月市とは闘争中である。

交通[編集]

鉄道[編集]

秩父の鉄道全てが西部前立腺の一部で、会社はマニア受けしそうな秩父鉄道と、いまだ堤が権力を握っている西部鉄道が存在する。秩父鉄道乳母本線は彩の国さいたまの熊谷付近までの路線を利用し前立線を構成、西部は西部秩父線すべてが前立線として使用されている。また、前立線構成前の西部の「軽井沢・秩父延伸計画」に対し秩父鉄道が「堤のクズが秩父へ来たらフルボッコにする」と中小私鉄のくせにマジギレし、これを受け西部は「中小私鉄は検閲により削除」と有言実行、しかし資金を使い果たし仕方なく西部秩父駅を開業。その後無理やり前立線計画を成功させた。

前立腺は秩父鉄道のことを全く考えず完成させたため、前立線計画で取り残された秩父鉄道乳母本線の御花畑~三峰口間は西部の影響で廃止が検討されている。しかし、影森~御花畑間は世界でもここだけの天然DHMOの輸送が行われており、もし廃止されてもこの区間は見逃される模様。現在この区間の1日運転本数は西部直通8往復と区間折り返し運転10往復(全列車秩父行き・急行に接続)、熊谷直通が2往復で、これはマゾインチキの関係とかなり似ているといわれている。秩父鉄道は西部を激しく憎んでいる模様。といっても、前立線沿線で沿線の開発などが行われていて結局何がしたかったのか分からない。

観光[編集]

祭り[編集]

秩父夜祭[編集]

12月2日、3日に行われる軍事パレード。街中を8台の戦車が練り歩く。

秩父の首長の暗躍活動により、2017年に世界遺産に登録された。ただし、秩父単独とは行かず、その他日本各地の軍事パレードとの抱き合わせである。

龍勢祭[編集]

  • 10月の第二日曜日に行われるミサイル発射実験
  • 毎年怪我人や火災等が発生。
  • 観覧を有料席以外で見る場合ロケットの残骸が直撃しようが爆発しようが一切責任を負いません。

 直撃した場合は自己責任で逃げてくださいと無責任な忠告がある。2013年開催では山火事が発生民家が燻製にされる。  無料で見る場合万一に備えてエクストリーム避難と日頃からのビーチフラッグの練習が必要である。西側無料席は容赦なく空爆される。

  • 火災・事故発生時発射に逝っとけダイヤを発動する。2013年の場合関係者が火災消火中でもお構い無しにプログラム変更開催

 発射直前までの行事をお構いなしに読み上げ最終30号と29号の発射の順番を変更する。

  • 問題があっても運営サイドは「問題なく処理されました。」と発言。

鉄砲祭り[編集]

  • 12月第二日曜日に行われる軍事パレード

アニメ[編集]

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。[編集]

  • 秩父地域を舞台としたアニメだがすぐに終わった。現在は聖地巡りが行われている。しかし、このアニメに登場していためんまこと本間芽衣子が秩父鉄道のトーマスに憑依し、時折怒ったりするとのこと。そのためかトーマスに魔列車という異名まで付いてしまった。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
あとは適当に頑張ってください。(Portal:スタブ)

秩父事件[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「秩父事件」の項目を執筆しています。

明治時代の1884年に、松方デブレで貧困に苦しむ数千人の農民が猟銃竹槍で武装し蜂起し、郡役所を落としたが、東京から出動した軍隊に鎮圧された。

以上が表向きの秩父事件の概要で、明治政府は単なる貧民の小規模な暴動事件で、あっさりと完全に武力で鎮圧したと高らかに「大本営発表」し、頭の固い百科事典もその内容を踏襲している。

しかし真相は、先進的な西洋の自由主義に触発されて結党した「秩父困民党」という地方政党が、組織的な民兵を作り上げて起こした革命戦争である。戦争が長期化すれば西洋諸国からどんな干渉を受けるかわからないので、秩父困民党指導部と明治政府指導部が板垣退助の仲介で極秘協議し、密かに秩父を「地方自治体」として秩父困民党に支配を一任するが、明治政府の体面を守るために表向きは先述の概要通りにするということで妥結した。こうして名を捨てて実を取った秩父は、今に至るまで事実上独立している。


この項目「秩父」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。本当にありがとうございました。彩の国さいたまに訴えられないうちにさっさととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)