立て逃げ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

立て逃げ(たてにげ)とは、アンサイクロぺディア頭の固い専門家気取りたちの大百科で、記事を作ろうとしたが、やる気がなくなったか、もしくは単に実力不足のために記事を書きかけにしたまま放置することである。

概要[編集]

立てるのを途中で放棄した場合、周囲にも大きな危険をもたらすことを忘れてはならない。

立て逃げによって作られた中途半端な記事はアンサイクロペディアではすぐに駆逐されるか、赤いテンプレートを貼られるのがオチだが、頭の固い辞典では「とりあえず残しておいて加筆を待つ」ことが多く、立て逃げによって作られたサブスタブ以下の書きかけの記事で溢れてしまっている。例えばこんな感じに。とりあえず、このカテゴリと比べてはいけない。

立て逃げされた記事は、この記事のように簡単な説明とスタブテンプレートだけが貼られていることが多い。

また、2ちゃんねるなどの掲示板サイトでも立て逃げは見られる。スレを立ててみたものの炎上して制御できなくなった時や、パートスレにもかかわらずテンプレを張っていかなかった時などによく見られる。

ただし、下記に示す「アンサイクロペディアの現実」に比べれば、笑い話である。

なぜ立て逃げるのか[編集]

ウィキペディアのような知的なサイトでなぜこのような恥ずかしいカテゴリが放置されることになるか。それは、記事立てしていれば、基本的に、いずれはその記事を完成させてくれる人が出てくるという甘い期待が脳内に満ち溢れているためである。そんなことはない。まったくない。むしろ、それが可能な技術と労力を持っている連中は青リンクを見て記事が完成していると考え、それ以外の赤リンクへと突撃する。これは、立て逃げされた記事群を修復する際に、必要な手順である前任者の記事の削除、もしくは既存の記事の文章から使いまわせる部分を取捨選択するために必要な労力よりも、それを一から自分で書いたほうが精神的に楽なためである。

たったの数秒間だけ文章に接し、わずか数クリックで可能な活動がどんなに重い作業になるかについては、各人の想像にお任せする。人の文章を勝手にぼてくりこかすというのはそれなりに辛い作業である。

アンサイクロペディアの現実[編集]

実は、ウィキペディアにおいて無為に立て逃げされた記事よりもアンサイクロペディアにおける「無為に立て逃げされたわけではないけれど、時間の経過とともに放置されることになった記事」のほうがサイトに大きな被害を与える傾向にある。これは、時代を経て生き延びた記事の中には、時代を経るごとに時代にそぐわず、資料的価値も見出せぬまま、さりとて加筆すると全体のバランスが崩れ、残したとても何にも益を見出せない、そんな記事が多く存在するためである。

そんな記事群を確認したければ、画面左側にある「おまかせ表示」の向こう側にはてしなく広がっている。試しに数回クリックしたら、運良く最初に幼女の項目にぶち当たり、次にゾンビの項目にたどり着いた。そして、その次にキリング・ゾーイを読み、女の子主義を通過して軍事都市国家・大魚津帝國でようやく大笑いするにいたった。5回目で笑える記事にいたることは、ある意味奇跡である。そして、5回のうち、2回しか意味が分からん記事を通過しなかったほうがより奇跡である。

せっかくなので、もう一度キリング・ゾーイへの青リンクをお楽しみください。

このように、たとえNRVを生き延びた「おまかせ表示掲載記事」であったとしても、時間を経ればえてして消された記事への赤リンクよりも精神的に有害になる場合もある。

古臭いとはすなわち、そういうことである。

なお、この文章を書いているのは2010年であり、サイト開設から5年しか経っていない。しかし、その間に時事ネタは色あせ続け、政治ネタは常時変動、スポーツネタも新規と古参が交じり合ってわやになり、アニメやマンガは言わずもがな。唯一、鉄道のみ内容の変遷に耐え新規参入を幅広く受け入れ、そして記事の修復も頻繁に行われている。

まぁ、鉄道だから。鉄道だから。うん、鉄道だから。

そのため、アンサイクロペディアが時間とともに沈下していったとしても、唯一Category:鉄道だけは生き延びる可能性が高い。もっとも、そんなものは時の運ではあるけれど。

あわせて、当たり前の話であるけれど、時間の経過にまったく影響されない記事や、歴史的資料価値のある記事の作成に努めることで、サイト全体の沈下をなるべくとどめることも重要になる。が、そんなことはまるで関係なく、今日一日を笑うために日々積もり積もってきたのがアンサイクロペディアの闇でもある。そのため、時間の経過による全体的なレベル低下や、時事ネタの腐敗、資料的価値も見出せない過去の遺物に対する本当の対応策はただ一つしかない。

黙って見ている

「笑って見守る」でも可。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「立て逃げ」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。


この項目「立て逃げ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)