第160特殊作戦航空連隊

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「第160特殊作戦航空連隊」の項目を執筆しています。

概要[編集]

第160特殊作戦航空連隊とは、月夜に好きすぎてたまらない異性をヘリコプターで追いかけ続けたストーカーの中でも、 特に高度な資格試験と訓練課程を突破したストーカーだけが入隊することを認められる特殊部隊である。 この部隊はヘリコプターを使用し、あとをつけ続けるため、非常にたちが悪い。 なにも、尾ける相手は異性だけに限らず、同性やテロリスト、果てはクスリやミサイルまで尾行している。 この部隊を構成している人間は例外なく非常に高い操縦技術を持っているため、尾行されている人間が気づかないこともままある。

歴史[編集]

歴史は、イラン人質事件までよみがえる。 この作戦には、海兵隊、陸軍、海軍、空軍の四軍が参加し、当時一番新しかった部隊のデルタフォースも投入されるなど、 作戦はかならずや成功すると思われていた。 しかし、途中で海兵隊所属のヘリコプターがテロリストの陰謀によりイかれてしまい、「しゃーねえ、撤退だ」と準備にかかっていたところ、 またもやテロリストの陰謀により砂嵐に巻き込まれ、乗っていた人員が死亡するなどし、この作戦は見事に失敗。アメリカの国益(笑)を損ねてしまう。 これにブチ切れたのがかの悪名高い制服組の連中である。 「ヘリ部隊作ってくれ。予算は100ドルな。お前ならいけるだろ☆」という、ありがたくもない根性論を最新のヘリコプター、 UH-60を所持していた第101空挺師団の師団長にぶち上げたが、この師団長は極めて冷静に、 「しゃーなし、作ってやるか。退職金減らされたくないし」と、簡単な返事でOKしてしまった。制服組共はハナからこの師団長には断られると思っていて、ハンコさえ押せば師団長の給料を減らすことのできる書類を作っていたようだが、結局減らせずに定年を迎えさせてしまった。 この師団長はのちに少将まで昇進した。給料引き下げを画策した張本人は粛清された 最初のヘリパイロットを、懲罰兵やストーカーとして捕まったものから選抜し、言葉巧みに候補者をだまして、最初の基地に連れてくるまで、 「30分で、200ドル稼げるよ( ^ω^)」ことを吹き込み続け、いざ基地にやってくると、 そんなものははなからないという態度を貫き続け今更後には引けない候補者をどさくさに紛れてヘリパイロットにしてしまった。 この功績により、師団長の右腕の中佐は大佐に昇進した。

遂行していること[編集]

「ナイトストーカーズ」という名称にもあるように、この部隊の主な仕事は夜に尾行・追跡を行うことである。 しかし、ただ尾行するだけではなく、夜に突然、家の屋根をぶっ壊して着陸し尾行したり、水着姿の女性を追跡するために、水面ぎりぎりを保ち続けて ホバリングしたりするなど、「ナイトストーカーズ」と言う名称にふさわしい、ふさわしすぎることを日夜行っている。 最近では、同じく変態として名高いデルタ・フォースの展開や回収業務も行っている。 もちろん、特殊部隊を名乗るだけあって、戦闘力はそれ相応に高く、クスリの売買現場襲撃や、ミサイル発射阻止などの直接行動も遂行している その変態さから、この部隊が最初に創設されたとき、アメリカ政府はこの部隊を公開しようとしなかった。正しい判断だ。

選抜訓練[編集]

選抜訓練は、どれだけ変態であるかを示す変態度数を訓練初日に測定する以外はほぼ飛行訓練に充てられる。 たとえば、ホバリング中に尾行相手の彼氏に見つかってしまい、運悪くRPG-7やら FIM-92 スティンガーに撃墜されて尋問されたり拷問されても大丈夫なよう、打たれ強くなる訓練を実施する。 武器の扱いについても教練が行われたりすることは秘密である。

撃墜されたらこれで身を守るんだな!一連隊長のお言葉。

その「打たれ強くなる訓練」に合格した者は、晴れてヘリコプターを操る訓練に進むことができる。 しかし、ここで安心は全くできない。180平方㌖以上ある砂漠の中から、ヘリコプターを操縦し、尾行・監視目標を見つけ出す訓練が行われるからである。 たまにデルタフォースの訓練生を尾行するという、おまけ任務のようなものが付与されることもある。 ナイトストーカーズという名前上、必然的にナイトナイトビジョンが必要になるため、 訓練生は普段からPSVRのナイトビジョン機能を使用し、目を慣らしている。 もし、普段からナイトビジョンに慣れていない、もしくは目標に到達する前に迷った訓練生は脱落、使いこなしターゲットを見つけ出したものは、 晴れて訓練課程合格となり、「変態」というありがた迷惑なコールサインをもらうこととなる。

主な参加作戦[編集]

1983年 でっちあげグレナダ侵攻

1987年ー1988年 正義の押し売り商法・INペルシャ湾

1989年 ノリエガ将軍ログアウト作戦

1991年 湾岸戦争

1993年 ソマリア内戦

2001年 アフガニスタン侵攻

2003年 イラク戦争

2011年 オサマ・ビンラディンログアウト作戦 などなど、多岐に渡って参加している。

実際のところは[編集]

非常に類まれなる操縦技術と、尋問耐久訓練によって、特殊部隊を輸送する部隊としては、非常に高い練度を誇る。 なんと、あの大型ヘリコプター・CH-47の後部ランプを水面につけ、ゴムボートを回収するという荒業までやってのける。 実戦でヘリがよく撃墜されるなど、あまり運はよくないようだ。

よくつるむ飲み友達[編集]

第1特殊作戦部隊デルタ分遣隊 (デルタ・フォース) 最近は、よくこいつらを目標のターゲットの家に運んでいる。目標が同じこともあってか仲が比較的良い。

Navy SEALs あまり仲がいいのか悪いのかよくわからなかったが、2011年に実行されたオサマ・ビンラディンログアウト作戦にて、 こいつらを運んでいたため、仲はわりかし良いと思われている。

関連項目[編集]

地雷があります
ここより地雷原
地雷除去を手伝っていただけるボランティアを募集しています
※ 原っぱを歩くだけの、どなたでもできる簡単な仕事です。 (Portal:スタブ)
地雷があります