筋肉マン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

筋肉マン(すじにく-)とは、中のあんに牛スジ肉を使っている中華饅頭である。全国主要コンビニにて絶賛発売中。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「筋肉マン」の項目を執筆しています。

特徴[編集]

トロトロになるまでよーく煮込んだ牛スジは、冷却するとプルプルの煮凝りになるために、製造時にあんを皮で包むのが容易である。また、加熱するとそのゼラチン質がゆるいゲル状になり、コリコリの部分との食感の取り合わせが絶妙である。味付けとしては甘辛いのが基本であるが、八丁味噌味やカレー味などもなかなかに好評である。

大型のものには「肉」、小型のものには「にく」の焼き印を押さなければならないことが日本農林規格で決められている。

肉に関する考察[編集]

一般的に肉まんと称されているものは、中のあんにひき肉が使われている。しかし、関西地区においては「肉」すなち「牛肉」であり、「豚肉」は「肉」ではなく「豚」であるとされているために、いわゆる「肉まん」は「豚まん」と呼ばれ、関東人がうっかり「肉まん」などと口にしようものなら、「その肉まんいうんは、牛ヒキがはいっとりますのんか?」などとイヤミを言われてしまうことも少なくないのである。

しかしながら、「関西では肉といったら牛肉、関東では肉といったら豚肉」というのは実は誤解である。確かに関西では「肉」といえば「牛肉」なのだが、関東で「肉」といったら「豚肉」ではなく、「牛肉・豚肉・鶏肉etcの総称」なのである。たとえば関西では「牛丼」のことを「肉丼」といったりするが、関東で「豚丼」のことを「肉丼」と言ったりは決してしない。「肉じゃが」の肉についても、関西では牛肉が主流であるが、関東でも実は豚肉を使う家庭よりも牛肉を使う家庭の方が多いのである[要出典]

しかも、最近では牛ひき肉とは一般的に「合挽肉」と同じものを指して言われることが多いのである[要出典]。従って、現在では関西でさえ、肉=牛肉のつもりでいたらそれは大間違いだったりする。

ちなみに、決して「関東では肉といったら豚肉」ではないことの傍証のひとつに、この筋肉マンもあげられる。筋肉といえば牛スジ肉のことであり、決して豚スジ肉のことではない。とはいうものの、もし筋肉マンに豚スジ肉が使われていたとしたら、それはお察し下さい

関連項目[編集]